サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

購入キットよもやま話:童友社さんのコルトギャラン

Category: 購入キットよもやま話  Tags: キットレビュー  (童友社)  
童友社コルトギャラン レビュー1


恐怖のノスタルジックヒーローシリーズ第一話。 
今回から「購入キットよもやま話」で暫くの間、童友社さんのノスタルジックヒーローシリーズを集中的にご紹介していきたいと思います。

果たして難キットと知らずに買ってしまう哀れな子羊を未然に救うことになるのか、それとも「腕試し」という体の良い名を持つただのドMを量産することになるのか。

変態さん怖いです( ´・ω・`)

今回のキットは今から6年半ぐらい前、大和市にあった中古キットも扱う模型店さんで購入。
ZZE111カローラFXの記事でちょっと触れた、WRC仕様のレプリカが止まってたお店ですね。

185セリカのGT-FOURなんかもこちらのお店で購入してまして、在庫量はそれほどではなかったですけど、回転が速くて近年のキットも比較的手頃なお値段で買えて結構重宝してたんですけどねー…。

恐らく「ブ」の付くお店に淘汰されたんでしょう( ´・ω・`)
プラモの他にもCDやDVD(エロ含む)、薄い本とかも扱ってましたし。
現在、神奈川県下で中古プラモを扱うお店は数えるほど。
ほぼそのチェーンストア位しかなくなってしまいました。

そもそもこのシリーズ、以前では頻繁に再版され、更にデキがすこぶるアレなのも相まって、方々の模型店さんでダブつきまくってた代物。
しかし10年ほど前にパッタリ再販が途絶え、現在では車種にもよりますが、中々のプレ値が付くことも。

「店頭で見かけなくなったモノは欲しくなる」という、ある程度の年数を経たモデラーさんが発症するビョーキを見事にこのキットで発症しまして、以来メーカーさんに拘ることなくレア度の高いキットから優先的に購入するという状態になってしまいました。

いやー、単純にデキの良いキットがあればそれに越したことは無いですよ。
ただこのシリーズにしかキットが無いような車種がザクザクあるんですよww

あ、このコルトギャランに関してはイッコー模型さんとオオタキさんから(2ドア・4ドアの違いはあれど)キットが発売されてました。
今回童友社さんを選んだのは、単に安かった(お値段1000円ポッキリ)ってだけですwww

ちなみに、金型は山田模型さんという70年代前半にひっそりと姿を消したメーカーさんが作製。
今ではマイナーな旧車が現役世代だった当時の金型です( ・ω・)

ただ本当に惜しいのは、あらかじめ2種類ある共通シャーシにボディの造形を合せるというなかなかパンクな設計がなされているということ。

なので、ガレージキットもとい粘土細工よろしくなキットとなっているわけです。

…前置きが長くなりましたが、それではその痛切のキット内容を見ていきましょうww


童友社コルトギャラン レビュー2


アラアラ、今ではあまり見かけない仕切り板が付いたリッチな感じで……って、パーツ少なっwwwwww

内容を知らずに購入した方にとってはこの瞬間、えも言われぬ恐怖感に襲われます。


童友社コルトギャラン レビュー3
童友社コルトギャラン レビュー4


「見よ、1960年代の金型技術!」と言わんばかりの成型の厚さ。
「あれ?でも思ってた程では…」と感じたアナタ。


童友社コルトギャラン レビュー5


成型色で見えにくいのはご容赦いただくとして、リアドア下端が特に全長方向に短いのがお分かり頂けるでしょうか?

やはりこちらも全体に共通シャーシの影響をモロに受けており、1/24換算で全長が5㎜、全幅が2㎜、ホイールベースで5㎜短い状態で設計されています。

最初手に取った時、「このクルマって結構小さいんだなー」なんて思ってました。
いくらド旧車でもこんなにコンパクトではありません。


童友社コルトギャラン レビュー6


シャーシは言わずもがなモーターライズ。
一見すると、どちらが前だか分からないくらい潔くオミットされたフロア再現。
というか、そもそもそんなものは無い。


童友社コルトギャラン レビュー7


電池は室内に格納され…


童友社コルトギャラン レビュー8


見るも無残な内装。
ヘッドレストは何故か前後に分割されたパーツを貼り合わせる形が取られています。

そしてあたかもそれを隠す様なフルスモークのウインドー部品。
ちなみに、山田模型さん時代のキットはまだ透明でした。


童友社コルトギャラン レビュー9


バリってる上から「そんなものは知らん」と言わんばかりに豪快に施されたメッキパーツ。
前後ライト類のクリアパーツは無し。


童友社コルトギャラン レビュー10


シリーズを通して何故か出来が良いホイール。
バリってるけどな( ゚д゚ )


童友社コルトギャラン レビュー11


ちなみにホイールは表裏分割式。
アメプラっぽいです。


童友社コルトギャラン レビュー12


説明書はB4サイズ表面のみの如何にもな感じ。


童友社コルトギャラン レビュー13


だ い だ い 色 に ぬ る

フォントも違いますし、Mr.カラー等の色指定は金型が童友社さんに移ってから加えられたものかと思います。
そもそもMr.カラーが発売されたのが1977年、水性ホビーカラーに至っては1982年ですし。


童友社コルトギャラン レビュー14


同包されてるチラシ。
近年再版されたキットには入ってなかったです( ・ω・)

ビックスケール金型の多くは確かオオタキさん由来だったはず…。


童友社コルトギャラン レビュー15


カオスな裏。
全てが山田模型さん金型だと思ってましたが、ウィキペディア先生によると日東科学さんやオオタキさんの金型もあるとか。

ちなみに左上に写っているギャランAⅡGSは、今回のキットとはまた異なる2ドアクーペ。
ご丁寧にクーペ・セダンが別金型でキット化されています。
説明するまでも無く、コチラもスケールサイズが大体1/22という非常にアレな内容となっておりますwww

……とこんな感じで、恐ろしさの片鱗を味わっていただけたでしょうか?
ただ、コルトギャランはこのシリーズの中でも中堅クラス

まだ奴等が控えております。

最後の画像でほぼネタバレしてますけどwww
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。