サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

レストア作品:MX41 マークⅡ

Category: レストア・過去作品 > アオシマ  Tags: レストア作品  トヨタ  アオシマ  
アオシマ MX41 マークⅡ 1


出来が良くないのはご愛敬で( ´・ω・`) 
今回は久しぶりに、ボロボロで箱の中に転がっていたのをレストアしてみました。

元になったキットは、アオシマさんの「旧四車會 チキチキれーしんぐシリーズ No.3 マークⅡ(MX41)」です。
説明書の記載では、2004年7月となっていますね( ・ω・)

確か、発売直後に店頭でパケ絵にヤられて速攻で購入。
3日ぐらいで組み立てたヤツだったと思いますww

現在の改パーツに当たるホイール・引っ張りタイヤの黎明が、こちらのキットに付属していた当時新金型のパーツ類。
コレとアホみたいに付くキャンバーに興奮して組み上げたものの、車高の仮組みなどを一切行わなかったために、何かコレジャナイ感漂う状態で完成。

その後、ホイールをフジミさんの15インチワタナベへと変更。
それでもコレジャナイ感拭えぬまま、いつの間にか草ヒロ同然の姿でジャンクとして箱の中に眠っていました。


アオシマ MX41 マークⅡ 2


ウチの外壁色が移りこんじゃってますね…。

当時、色は黒の成型色の上から旧Mr.カラーのグリーンパールを無謀にも筆塗りして玉砕。
この失敗が輪をかけてジャンク同様になった要因の一つだったりします。


アオシマ MX41 マークⅡ 3


このアングルはダメだな…。

何度もの変更で塵芥に帰した足回りも、ジャンクパーツ流用で何とか復活。
ステアした時に前後に振られるので、あんまり切れてないですけどね。

ちなみにこのキットの金型は族車全盛期の1980年代前半に製作され、色々なバリエーションを経ながら30年余り、ほぼラインアップから途切れることなく生産されている長寿キット。
メンテナンスもされているので年月の割には荒れも少なく、またモーターライズキットだった(その為全幅はやや広め)にも拘らず、当時としては精密な内装やフロア周り(牽引フックが前後合わせて5個もあったり)で、フジミさんの4ドアが発売された現在でも広く愛されるキットとなっています。

まー2枚と4枚の差こそあれど、21世紀のこのご時世にアレな出来で見事に爆死した例もなかなか珍しいかと。


アオシマ MX41 マークⅡ 4


ボディカラーは、成型色の黒の上に旧Mr.カラー152番グリーンパールを塗ってメタメタになっていた状態から、まず表面を研ぎ出して整え、水性ホビーカラー30番クリアーにウェーブさんのマイクロパールパウダー、ホワイトグリーンを多めに加えて塗装。
何度も塗装・乾燥・研ぎ出しを繰り返してある程度見れる状態になるも、当初想定していた色身とはかけ離れていたため、20年前に買ってもらったタミヤアクリルカラーX-25クリヤーグリーンを衝動的に塗装。
もちろんムラだらけなので、こちらも何度も塗装・乾燥・研ぎ出しを繰り返し、最後に水性ホビーカラーのクリアーで仕上げました。

イメージとしてはグリーンパールブラックを目指したんですが、流石に筆塗りでパール+カラークリアー塗装は無謀でした…( ´・ω・)
仕上げも粗くなりがちですし、もう二度とやりたくないですwww

ホビーサーチ  WAVE マイクロパールパウダー ホワイトグリーン

Amazon.co.jp マイクロパールパウダー5



ホビーサーチ  タミヤ X-25 クリヤーグリーン (アクリルミニ)

Amazon.co.jp タミヤカラー アクリルミニ X-25 クリヤーグリーン 光沢



主な改造点は
・リアシート除去+ドンガラ化
・ロールケージ、マフラー、ボンネットダクト(というか楕円形の穴)、自作タイヤ制作
・フロントホイールはフジミさんのワタナベ(リア用・15インチ)の外周にプラ板を巻いて16インチ化
・リアホイールはアオシマさんのワタナベ(17インチ)に変更

ホビーサーチ  フジミ RSワタナベ 浅リム 15inch

Amazon.co.jp 1/24 THE★ホィールシリーズ TW30 15inch RSワタナベ 浅リム



ホビーサーチ  アオシマ RSワタナベ 8スポーク 17インチ

Amazon.co.jp 青島文化教材社 1/24 ザ・チューンドパーツシリーズ No.4 RSワタナベ 8スポーク 17インチ プラモデル用パーツ



チンスポイラーは1㎜厚プラ板で制作。
ブレーキローターとパッドは、いつもの金属ワッシャーとプラ板で再現。
ホイールはセンターキャップを除去して穴開け加工後、旧Mr.カラー61番焼鉄色を塗っています。

サイドモールはGSRカラーデカールのブラック(0.75㎜幅)を貼り付けて中央の黒い部分を再現。
剥がれ防止も兼ねて水性ホビーカラー20番つや消しクリアーを塗布。
でも、研ぎ出し時にティッシュ引っかけて部分的に剥がれちゃったりしてるんですけどね( ´・ω・`)
しかもそういう時に限ってつや消しクリアー切らしてて、補修はタミヤカラーのフラットブラックを使用してる始末。


ホビーサーチ  グッドスマイルレーシング MSS-16 GSRカラーデカール ブラック

Amazon.co.jp GSRモデラーズサポートシリーズ カラーデカール ブラック




アオシマ MX41 マークⅡ 5


ウェーブさんのマイクロパールパウダー、グリーン以外にも多数種類があるのでブラックベースで色々やってみようと思ってたんですが、ちょっと計画を練り直さないとダメですね…( ´・ω・`)
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
写真の撮影の仕方を記事にしてほしいです。
 
>草ヒロ同然の人 様

コメントありがとうございます(`・ω・)

確かに撮影方法とかそこら辺のコツは全く言及してこなかったですねー。
自分としては今迄「写真とカメラはド素人」という固定概念があった為に記事にしても恐らく需要ないだろうなーと思ってたんですよ…(;^ω^)
このブログを始めるにあたってカメラを購入・使用してから5年になろうとしてますし、撮影した雰囲気も少しは自分らしさが出てきてるのかなとも思いますので、仰るように具体的な方法を解説した記事をキチンと書いてみるのも良いかもしれませんね。

ただ現在、私生活が非常に忙しくてですね…ww
その他小ネタやキットレビューやら色んなネタも渋滞気味で正直今すぐにとはいかないんですが、ちゃんと資料も纏めて記事にしようと思いますので、非常に気長に待っていただけるとありがたいです。

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。