サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

フジミ HR31スカイライン制作記 その5

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: フジミHR31スカイラインGTS-R制作記  
フジミR31スカイラインGTS-R制作44


いいかげん色塗りたいザマス。 
プラシートとヤスリがお友達。

さて、今回は主に下回りを…と、その前にまずは前回パテの分量を地味に誤り、多めに盛ってしまったボンネットダクト。
↑のように整形してみました。

形状から作業量はいつもの2倍。
結構時間かかりましたよ。
ボディがノーマル状態の現在からすると全体のマッチングに若干の違和感がありますけど、色も塗ってエアロも付けばそれなりになってくれる…はずww

お次はメーターパネル。


フジミR31スカイラインGTS-R制作45


デカールはノーマルの3分割とは異なり、追加メーター等が加えられて1枚となっています。
もちろん不要部品として、ノーマルのクリア仕様のメータボード(パーツ番号:G12)もありますけど、左右とは段差があるので使えません( ´・ω・)

余談ですが、フジミさんの31スカイラインはステアリングコラムが上下稼働する用に設計されており、不要部品扱いですが今キットにもそれ用としてパーツ(C16)があるものの、説明書では何故か省略されています。

で、説明書には、「デカールを台紙ごと切り出したら、水に浸けずにそのまま貼り付けろ」と。
タミヤの初代レパードにもそんなこと書いてありましたねww

流石にコレは嫌なので、


フジミR31スカイラインGTS-R制作46


プラシートを切り出してボードを作ってみました。
このほうが幾分、見栄えが良くなってくれるかと。

あ、オーディオパネルにはジャンクパーツから漁ってきたアオシマさんのオーディオを、表面のみ薄くおろして貼り付けました。
左右の長さが合ってないですけど、何もないよりかはマシかと( ´・ω・)
ちなみに、コチラもノーマルではデカールが付きますよ。

更にお次は、前後インナーフェンダーへ↓


フジミR31スカイラインGTS-R制作47


ピンが折れやすい事で有名な足回りを先に取り付け、ステア可動を損なわない程度に穴を塞ぎ、インナーフェンダーをプラシートで新造。

とは言いつつも、何故か可動がシブい…( ´;ω;`)
画像ではステアさせてます(ほとんど分かんないですねww)が、これが限界。

ピン破損防止に、コレごとジャンクから持ってきた強度のあるパーツに変えてやろうかとも考えてましたが、結局計画どまり。
今までの加工作業におみまいされて力尽きましたよっと。

ま、元々非常に簡素な造りなので、そんなに気合い入れんでもいいんじゃないですかね。


フジミR31スカイラインGTS-R制作48


エンジンルーム側からみるとこんな感じ。
一部切り欠いてるのは、タイヤとの干渉用。
ギリギリですけどね。


フジミR31スカイラインGTS-R制作49


後ろはこんな感じ。
前より大分簡素に制作。

ボディを被せて確認すると、


フジミR31スカイラインGTS-R制作50

フジミR31スカイラインGTS-R制作51


こんな感じに。
端材で作ってるので継ぎ接ぎだらけ(;´∀`)

えーっと…実は、リアは時間切れで完成してないんです。
ドラシャとかスイッチ穴とか隙間の処理とか、もうちょっとだったんですけどね( ´・ω・`)

…という訳で、今回はココまで。
次回はこのリア周り、マフラーなんかも加えたところから作業していきたいと思います。

それでは次回もお楽しみにー( ・∀・)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
タイヤの内張りまで製作されるとはさすが!
 
>デル他さんへ

ありがとうございますー( `・ω・´)
ボンネットダクトを開けてますので、コレが無いと地面や向こう側が丸見えだったり、またフェンダーから室内が差し込む光で見えてしまったりと、色々とあるので…(;´∀`)

本来地味であまりやりたくない作業なんですけど、完成した際の重量感と玩具っぽさの払拭の為にと思うと、欠かせない作業になってますよ。

« »

05 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。