サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

過去作品:S124Aサバンナ

Category: レストア・過去作品 > フジミ  Tags: 過去作品  マツダ  フジミ    
フジミ S124A サバンナ 1


ハコスカの連勝記録を止めたクルマとして有名なサバンナ。
そちらは前期型で今回掲載するのは後期型。

とはいっても色々な意味で期待を裏切らないフジミさん、チャンポン仕様になっちゃってます。 
キットは2005年7月にフジミさんから発売されたインチアップシリーズ「マツダサバンナGT後期型」です。
近年新金型で発売された旧車たちの1つで、このほかにも117クーペ、ベレットGTなどがありました。
サバンナに関しては、この後期型のほかに前期型やワークス仕様・ラメ仕様などフジミさんお得意のバリエーション展開で色々と発売されています。

さてキット内容ですが、先述したようにインスト通りでは完全なものにはなりません。
実は私、いつも改造車ばっか作ってるせいかグレードに関する知識も乏しく、細かいエラーとかを発見するのが非常に苦手なんです。
ここら辺をちゃんと盛り込んでいければ作品自体にも説得力が増してくると思うので、今後は出来る範囲内で頑張っていこうと思ってるんですけどね。
グレードや年式の違いの修正は他力本願で申し訳ないのですが他サイト様に任せるとして、今回自分はインスト通りにそのまま仕上げてしまいました。

ボディ形状に関しては模型誌などでも指摘されていますが、ちょっとトランク近辺が実車と比べて猫背ぎみ。
またそのまま足回りを組むと異常に車高が低くなるので、ノーマル仕様を制作される方はご注意ください。

あ、ヘッドライト周辺部もインストではシルバー1色になってますけど、こちらもエラーだと思います。
見事にトラップが仕掛けられてますねww
ただ、ここに関してはシルバーの個体もないことはないので、まぁ…このままでもいっかww


フジミ S124A サバンナ 2


ボディカラーはタミヤアクリルカラーX-4ブルーを塗り、クリアーはいつもの水性ホビーカラー30番を使用。

このX-4ブルー、やけに塗料に粘りがあるというか塗った時の筆運びがボソボソするんですね。
そのためか塗装面があんまり綺麗じゃありません( ´・ω・`)
チンスポイラーなんかボコボコになっちゃいました。
顔料の違いなどでバインダー成分を変えているんでしょうか…?
個人的には水性ホビーカラーよりも色によっての特性の差が大きいような気がします。

ホビーサーチ  タミヤカラー X-4 ブルー (アクリルミニ)

Amazon.co.jp タミヤ アクリルミニ(光沢) X4 ブルー



さて、大まかな改造点は
・リアシート除去
・バケットシート制作
・2㎜プラ棒でロールケージ作製
・ホイールをアオシマさんの弥生(14インチ)のフロント用に変更
・プラ板と金属ワッシャーで前後ディスクブレーキ化
・チンスポイラ―制作
・バンパーレス仕様に伴い、取り付け部のホール加工
・ストロー2種とプラ棒(タミヤさんの曲がるプラ棒3㎜)とパテでマフラー制作

弥生はメッキを落として再塗装してもよかったんですが、どうせドリフト用に使うのだから当時モノではなく、少量生産されたパチモンという設定で塗装もデカールも使用せずにそのままにしましたww
タイヤは同じく改パーツのひっぱりタイヤを使用しています。

ホビーサーチ  アオシマ 弥生 14インチ



フジミ S124A サバンナ 3


この型のサバンナとしてはフジミさんは最後発。
この他に1/24のみでも童友社・アリイ・マルイ・オオタキ・ニチモなど非常にたくさんのメーカーさんが当時からモデル化されていました。

余談ですが、このサバンナに限らずマルイさんのキットは当時モノとは思えないような秀逸なものが多く、KP47スターレットやコスモなんかは1度は手に入れてきっちり制作したいキットでもあります。

アリイからの51クレスタやグンゼからの30Zやキャラミスカイラインの前例もありますし、ここはぜひアオシマさんにお願いできればなぁ…と勝手に妄想していますww

…金型が錆だらけで金型修正のコストが採算とれないか( ´・ω・`)
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。