サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ YN100ハイラックス制作記 その3

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマ80ハイラックス制作記  
アオシマ80ハイラックス制作15


小物をチマチマと。 
ようやく今回は気になっていた本題、燃料系です。

まず安全タンク。

こちらは漂白剤に浸けてメッキを剥がした後、周り4面に0.5㎜厚プラ板を貼り付けて継ぎ目を光硬化パテで整形。
先週でも触れたようにパーツ割りが上下モナカ、更に上下で台形を2つ合わせたような形をしており、フレームへの固定用穴も空いていたので、プラ板を貼り付けて一回り太らしてみました( ・ω・)

決して前回の仮組み時にマスキングテープにメッキを持っていかれたとか、だんじてそんなりゆうではないですよぉ。

加えて配管用に1㎜ピンバイスで穴開け。

これだけでは寂しいので、燃料ポンプ・コレクターも自作。
素材の色と形を見て頂ければ大体分かると思うので、詳しい解説は割愛。

ちなみに、0.14㎜厚プラシート・5㎜丸棒・2㎜プラ棒・リード線…と全て今までの制作記に出てきた素材ですよ。
あ、ランナーも使ってますww


アオシマ80ハイラックス制作16


更にディテールを加えながら塗装と組みつけを行って完成となると、手持ちの資料と共にこーんな感じ。
自分で作っといて言うのもアレだが、配管キモチワリィ…。

そして時間をかけた割には、粗い。


アオシマ80ハイラックス制作17


別アングルから。
配管は一応全部繋がってます。

もーめんどくさすぎて二度とやりたくないっすね。
次回制作時は2つ纏めたただの銀箱へと省略決定。


アオシマ80ハイラックス制作18


ベッドも完成した事ですし、今度は足回りを。
こちらは調整時に安定してクリアランスを見たい為に、キャビン下部を先にフレームと接着できるようにしてしまいましょう。

インストではつや消しブラック一色の指定ですが、ちょっと考えてこんな感じに塗装。


アオシマ80ハイラックス制作19


接着。

エンジンブロック付近にはシルバー、その隣はつや消し黒でと気遣ってみましたが、フレームヒケ処理がメタメタな時点でどうという事はありませんです。


アオシマ80ハイラックス制作20


んで、足回り。

前回作付属のホイールは5穴ハブパーツを介する形。


アオシマ80ハイラックス制作21


裏側にはポリキャップを仕込めるようになってるので、これを利用して組み付けていきましょう。
問題は上手い具合にツライチになるかどうか…。


アオシマ80ハイラックス制作22


( ^ω^)おっ?

結構良い位置じゃないですか。

あ、言い忘れてましたけど、キャビンが奇天烈な塗り分けになっているのは、ベッドに合わせて窓枠や室内・ドア裏やフェンダー裏なんかも塗ってしまおうっていう事で。
ボンネットの加工がまだ済んでないので、こういう状態なんですよ。

…と、こんな感じで今回はココまで。
次回は足回りの決定ですね。

それでは次回もお楽しみにー( ・∀・)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。