サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ YN100ハイラックス制作記 その7

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマ80ハイラックス制作記  
アオシマ80ハイラックス制作42


蜜柑が美味しい季節ですよー。 
あ、一緒に撮ったのには特に意味は無いですよww
卓上にあったので何となく。

ちょい大きめの蜜柑ですが、我々モデラーが普段如何に細かい作業をしているかという一つの目安にはなるかもしれませんねwww
捕えられたUMAの横に置かれたショートホープみたいなモンです。

ちなみに皮に含まれるリモネンは流し込み接着剤の主成分と同じくプラを溶かすので、お召し上がりになる際は飛ばさないようにくれぐれもご注意を。
以前クリアパーツにやっちまった経験者death。

さて、今回は内装。
キットのベンチシートは使わずに、同社アオシマさんのスポコンパーツからレカロのリクライニングバケットシートを流用し、フルバケ単座に作り変えていきます。

まず頭部にあるベルトホールを開口して、シートの内側にコピー用紙を型取りしてペタリ。
GX51クレスタ制作記でも触れたように、これはヤスリの入り辛い内側パテ成型の手間を省くため。
そしてタミヤさんのエポパテを盛って硬化待ち。
以後の作業は来週にまわすことにします( ・ω・)


アオシマ80ハイラックス制作43


で、他の部分を更に弄り倒していきます。

フロアはベンチシート取り付け部の出っ張りを切り取り、裏のプレスラインを参考にエバーグリーンさんのプラ棒でそれっぽく。
シート取り付け台座は恐らくこういう形状じゃないと思いますけど、便宜上こんな感じに。

フロア後端は隙間がちょっと気になって、プラシートで目隠し。
完全には塞げてませんが、この後色々ゴチャゴチャしてくると目立たなくなってくれるでしょう( ・ω・)

更にフロアMTへとするために、キットのATシフトパネル取り付け用ダボ穴を塞ぎ、ダッシュボードにクラッチペダルをプラ板で追加。

変なモールドで再現性0のドア内張りは、モールドを取り除いてプラシートを張っておきます。


アオシマ80ハイラックス制作44


ダッシュボード裏はタイヤハウス側から見える事を懸念して、つや消しブラックを塗りやすいようコチラもプラシートで塞いでおきます。


アオシマ80ハイラックス制作45


んで、小物を自作して塗装後に取り付けたのがこんな感じ。

ダッシュボードの塗装はほぼインスト通り。
最後につや消しクリアーを塗って、テカリを抑えてます。
各種スイッチを面相筆で塗り加えたのとスミ入れ、更にスポコンパーツからワーニングランプ付きタコメーターを装着…ぐらいですね。

ドア内張りはシルバーに塗り、プラ板でドアノブとクルクルハンドルを制作。

フロアはシルバーを下地にボディと同色の明灰白色(2)。
ジャンクパーツから以前制作したタミヤさんのプリメーラ用シフトと、アオシマさんのギャランΛ用サイドブレーキ(プラ板ちょい加工)を取り付け。


アオシマ80ハイラックス制作46


前からみるとこんな感じ。


アオシマ80ハイラックス制作47


ボディ側はこんな感じ。
サンバイザーとルームミラーだけインスト通りのRMLグレー75。


アオシマ80ハイラックス制作48


いつものようにミラーにはメッキシールを。
キラキラ(*´Д`)ハァハァ


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回はロールバーなどを加えて、内装を完成させたいと思います。

それでは次回もお楽しみにー( ・∀・)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

09 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。