サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ YN100ハイラックス制作記 最終回

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマ80ハイラックス制作記  
アオシマ80ハイラックス制作60


手短にダイジェストでハイラックス制作記最終回。
前回で既にボディの本塗装を終え、ツヤを整えるためにタミヤカラーXF86フラットクリヤーをかるーく塗布。

正直、コレはやんなくてもよかったですねwww
本塗装の半ツヤに引っ張られてタミヤカラー特有のガッサガサ仕上げにはならず、塗装の薄い場所は下地のシルバーがうっすら見えてきたりで、結局明灰白色(2)をタッチアップするするハメになりましたとな。

加えてお決まりのステッカーもペタペタ。
貼る面積もそれほどなく、これでもいつもより少なめ。


アオシマ80ハイラックス制作61


ナンバーはキットデカールを使用。

そのままだと「三河 400 38-41」となり、仮名のみジャンクデカールを上から貼り付けて「た」に変更してあります。
流石にこれくらいアップだと貼り付けた個所の色の違いが目立ちますねー…。

あ行・か行は事業用の緑ナンバーに使用されるはず(うろ覚え)ですから、念のための変更です( ・ω・)
そういえばフジミさんの峠スタリオンも「う」だったり、同じくフジミさんのHKSGC8インプも「れ」だったような…。

至極余談で恐縮ですが、ナンバーに関しては色々と都市伝説レベルの経験をしておりまして、存在するはずの無い「ん」表記の70カローラを小さい頃公道上で目撃したり、分類番号(地名の横のヤツっすね)4ケタのサニトラをつい6年ほど前に見てしまったりと、書いてるそばから自分でも頭オカシイんじゃね?っていう目撃をちょくちょくしていたりします。
上でも触れたレンタカー用の仮名「れ」「わ」も、私が幼い頃は確か「わ」のみだった記憶があり、『何時の間に「れ」が追加されたんじゃあああ』と驚いたものです。
実際人の記憶とは当てにならないもので、私の場合もそれで済めばよいのですが、分類番号4ケタを目撃した際はすでに成人しており、何より2000年あたりにフジミさんから発売されたキットの分類番号4ケタデカールに起因して「そもそも4ケタって存在すんのか?」と注目するようになった矢先、徒歩3分の駐車場に止まっていたのを発見したという状況。
見間違えってことも考えにくく…何より3度見しましたしwww
以降その車両を見たのは1度きり、4桁に遭遇したのもその1度のみという…((((;゚Д゚))))

はいはい、頭オカシス頭オカシス( ´・ω・`)


あ、デカール保護のため、水性ホビーカラーのクリアーを最後に塗っておきましたよっと。


アオシマ80ハイラックス制作62


んで、ボンピン・牽引フックなんかも付けて、スミ入れして完成ー。


アオシマ80ハイラックス制作63


後ろはこんな感じ。


…と、こんな感じでハイラックス制作記は終了。
完成記事は後日改めて。
1月中には掲載しておきますねー。

次回は新キットに取り掛かりまーす。

それでは次回もお楽しみにー( ・∀・)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
完成おめでとうございます!

相変わらずのセンスで羨ましい・・・
この絶妙なカラーコーデ真似したいくらいです(^O^)
 
>91さんへ

ありがとうございますー。
最近、渋めのボディカラーに挿し色で派手色をもってくるのにハマってますwww

自分の場合、急にパッと頭の中にイメージがぶっこまれる感じで思い付くモノは、完成した時も纏まリが良いように思いますね。
逆にコレが無くて、細部で悩んで苦しむ事も多いですけど。

何れにせよ自分の頭の中にあるイメージが立体になるっていうのは、この趣味やっててよかったなとつくづく思ってますww

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。