サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

完成品:YN100 ハイラックス

Category: 完成品 > アオシマ  Tags: 完成品  トヨタ  アオシマ  
アオシマ YN100 ハイラックス 1


セミグロス×16インチ×バリ車高短。 
制作したキットはアオシマさんから発売されている、1/24ピックアップシリーズ No.11 「80ハイラックス ニューオールドスクール」です。

説明書の記載では2008年11月となっています。
但しこちらは再販であり、歴史としては2004年に新規金型として発売されたキット。
ボディ(グリルの裏辺り)にも「Made in China」の刻印のある、アオシマさんが金型開発・生産を中国へと移した時期の初期に企画されたキットですね。

ホビーサーチ  アオシマ 80ハイラックス ニューオールドスクール

Amazon.co.jp 1/24 ピックアップ No.11 80ハイラックス ニューオールドスクール



アオシマさんの80ハイラックスは実車と同じように、シングルキャブショートボディ・シングルキャブロングボディ・ダブルキャブロングボディのそれぞれが存在し、今回のキットはシングルキャブショートボディ。
シングルキャブロング・ダブルキャブロングとはシャーシが異なり、チャネリングされドライブトレインの逃げ加工がされたフレームから新規開発され、更に足回りはABSパーツを使い、4輪独立のエアサスギミック仕様となっています。

またベッドのハードシェルが付属されないキットには、ダンプギミックが追加されたバリエーションが存在しています。

ちなみに発売順としては、ダブルキャブロングボディ→シングルキャブショートボディ→シングルキャブロングボディ…という何ともややこしい経歴。

シングルキャブを開発した後に、ダブルキャブのシャーシを流用してシングルキャブロングを…ってな経緯なんでしょうね( ・ω・)
現にシングルキャブロング・ダブルキャブロングはシャーシ共通、今キットであるフレームはチャネリングされたシングルキャブショートのみのバリエーション展開にとどまってますから。

…と書きつつも、ここら辺の知識はつい最近身に付きまして…勉強になりました(;´Д`)
めぐさんさん、Virtualさん、DTSRさん、Twitterでのご指摘ありがとうございます。


アオシマ YN100 ハイラックス 2


キットにはハードシェルカバーはあるものの、今回は使用せず。

ちなみに型式を80系ではなく「YN100」としたのは、3S-GTE載せ換えの為にガソリンエンジン車をベースとした…という個人的な妄想と思い入れから。

恐らくキットは「LN80」でしょう。
80系ガソリンエンジン車のYN80ですとフロントコーナーランプとフェンダーの形状が異なりますし、また燃料ラインを丸々引き直してディーゼル→ガソリンエンジン載せ換えも可能ですから、あくまで個人的な趣向ということで。
トヨタの公式アーカイブも100系で統一されてたってのもあります。


アオシマ YN100 ハイラックス 3


車高はリア下がり気味。
フロントはリムがフェンダーに当たっちゃってますけど、ステア全切り余裕ですよ( `・ω・´)

前述したように、中国へと開発を移設した初期の金型のためかパーツの合いがかなりキツキツな個所がありました。
特に足回りのABSパーツのハメ込みは、車重を支えなければならないことを考慮しても相当固いです。
事実それでペラシャ折りましたし。

組み立てる際は無理せず、パーツの厚みを調整を行ったほうがいいですね。

あ、あとフレーム。
側面のヒケ、物凄かったです。


アオシマ YN100 ハイラックス 4


ボディカラーは水性ホビーカラー62番、明灰白色(2)の半ツヤ仕上げ。
下地に旧Mr.カラー8番シルバーを塗り、赤ボディからの上塗りによるムラを防止してます。

主な改造点は
・ドンガラ内装加工&安全タンク・燃料ポンプ・コレクターを制作
・ロールケージ・マフラー・ボンネットダクト・フロントリップ・サイドディフューザー(のようなもの)・リアリーフサス・自作タイヤを制作
・ホイールはフジミさんのリーボックスカイラインGTS-Rに付属していたもの(16インチ)に変更

室内はベンチシートからフルバケ1脚・IパターンMTに変更。
バッテリーもボックスを作って移設。

ホイールはプライマーを塗ってから、ディスクをイエローで塗装。
名称はSSRまで判明しているんですが、結局分からず…。
ご存知の方、情報お待ちしております。

キットはエアサスですから、コンプレッサーのパーツのみでショック関係は皆無。
プラ板・プラ棒で一応リーフ・ダンパーを作っておきました( ・ω・)

ホビーサーチ  GSIクレオス 水性ホビーカラー H-62 明灰白色 (2) (半光沢)

Amazon.co.jp 水性ホビーカラー H62 明灰白色 (2)




アオシマ YN100 ハイラックス 5


こちらが安タンと燃料系。

ダンプギミックの関係でしょうか、安全タンクは自作した燃料系の下あたりに本来なら位置します。
上下2分割のモナカ割構成の安全タンク合わせ目に対して、周りに0.5㎜厚プラ板を巻いてベッドへと移設し、各種プラ材をフル動員して燃料系(ちょいオーバースケール)を完成させました。

ラインはリード線を使用。
ポンプ・コレクター共に2基掛けです。

もうほんとにめんどくさすぎて二度とやりたくないです。

マフラーはフレームの間からこんにちは。
実車だったら引火しますね。


アオシマ YN100 ハイラックス 6


あ、テールランプハウジングのシルバーがうっすら見えちゃってますね…。
パーツのズレっぽいです( ´・ω・)

※制作記まとめはこちら→ アオシマ80ハイラックス制作記
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。