サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

ハセガワ BC7レガシィLSi制作記 その12

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: ハセガワレガシィ制作記  
ハセガワレガシィ制作68


今回はボディ塗装。
画の変化&作業時間少なめなのでダイジェスト。

まずは下地として旧Mr.カラー8番シルバー。
やはりメタリック系はガリキズ目立ちますね( ・ω・)


ハセガワレガシィ制作69


んで、この上にMr.メタリックカラーGX214番、GXアイスシルバーを塗装。

このメタリックGXシリーズ、瓶生でもかなり薄めに調合されていて何層も重ね塗りしてこんな感じ。
あまりグリグリやると簡単に下地シルバーを溶かすので慎重に。

シルバー粒子が大きめで見る角度や光の当たる角度によって表情が変化する、ギラギラした面白い感じです。
一応、筆の流れを前から後ろへと統一して粒子を揃えるように意識して塗っていますけど、そもそも塗料の変化が大きくて筆目が残っちゃってる感じっぽい…( ´・ω・`)


ハセガワレガシィ制作70


後ろから。

うーん…もうちょと塗り重ねてみようかなぁ…。
塗った直後に撮影してるせいもあってか、表面の平滑具合と粒子も気持ち落ち着いてないようにも思えます。

エアブラシで塗装するとしても結構難しい塗料かもですね。
色合いは発色も良く、非常に綺麗な印象です。


ハセガワレガシィ制作71


ついでに上から。
肉眼で見ると結構綺麗に塗れてるっぽいんですけど、どーなんざんしょ。

しばらく時間を置いて様子をみながら部分的に重ね塗り、更にはこの本塗装自体を研ぐことは出来ないので、クリアーを塗って乾かしては研ぎ、乾かしては研ぎ…と進めていかなければならないかもしれません( ・ω・)


…と、手短で申し訳ありませんが今回はココまで。
次回はステッカー・外装小物制作・取り付けまで…はムリですねwww
まずはこの状態からきちっとおkな状態にしたいと思います。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
筆ムラの流れが統一されてるからヘアライン材(研磨模様入りの金属板)みたいで結構お洒落に見えますね^^
筆ムラの流れで遊んでみるとグラインダータトゥーてきな表現にも応用できそうかもしれないですね
 
>ドテチンさんへ

確かにそんな感じにも見えますね。
筆塗りは力の流れを考えて方向を統一(クルマだと前後、戦車だと上下とか)すると、ムラ自体も全体の表現力の一端になると思います。
難しいですが、この上にカラークリアを塗ってもまた面白い質感になるでしょうね。

現在は塗装が落ち着いてきて、より少しずつ目立たなくなってきてます。
更にステッカーや小物が入るとアイポイントがそちらに向くので、最終チェック後にもうこのまま進めてしまおうかとも思ってますwww

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。