サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

フジミ RPS13 180SX(中期)制作記 その4

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: フジミ180SX中期制作記  
フジミ180SX中期制作20


順当。 
前回がむしゃらにパテ盛りしたところをひたすら均していきます。

ウインドーディスプレイ基部・シートはサクッと整形。
ここら辺はあんま頭使わないんで思ったより楽っすね。

彫刻刀で粗方削って最後に紙ヤスリで表面を均す…って感じで作業すると相当な手間が省けます。
その彫刻刀も平刀・切り出し刀などではなく、小丸刀がベストかと。

「えぇー表面平らにするんだから丸刀はアウトでしょぉ…」って思っちゃう(自分もついこの前までそう思ってた)んですが、仕上げの紙ヤスリの番手をかなり粗めのにしておけば問題なく処理できちゃいますね。
プラまでの残ったパテの厚さに意識して彫っていけば、周辺ごと持ってかれてベロンチョなんて事が無い限り大丈夫っぽいです。
基準点さえしっかり出てれば、エポキシパテなんて残った分より削ったほうが多いなんてのが平常ですので( ´・ω・`)


フジミ180SX中期制作21


あ、そうそう。
肝心のフロントフェイス改修はこんな感じに仕上がりました。

前回からの変更点は、ウインカー位置・バンパーモールド修正ってとこぐらいでしょうか。
バンパーモールドはライト下の延長した出っ張りをなだらかに、加えてサイドウインカー近辺の後端部も軽くやっておきました。

サイドの一番下に盛ったところなんかは、実はその1コ上、言葉で表すとスゲー伝わり難いんですが、ウインカー下の左右ダクトからサイドに延びるラインの方がパテを盛った場所よりも一段高いのが本来の形なんですよね。

言い換えると、高さが上下逆って事です( ・ω・)

ここら辺は後々エアロ作製時に上手く纏めようかなと思って、あえて放置。
そもそも一番下の奥まった段差なんてこんなもん、本来無いですから。


フジミ180SX中期制作22


素組みとの比較。
こうやって見ると殆ど変わらんwww

気付いたのが、右の素組みはリトラクタブル近辺のモールドがダルダルなこと。
どんなキットでも軽く当てておくってのは大事だなと改めて思った次第です。


フジミ180SX中期制作23


前回忘れてたリアハッチワイパー穴・ハイマウントストップランプ埋めも完了。


フジミ180SX中期制作24


シャーシもちょこっと。
助手席側のフレーム構築とマフラー取り付けダボ穴を除去。

フレームに関しては、S13系は実車も何故かココで途切れてるんですよ。
URASさんからフレームを繋ぐ補強パーツが発売されてますね( ・ω・)

ちなみにガソリンタンク取り付け凸も取っ払ってるのは、安全タンクを室内に取り付けるため。
ハイラックスの時みたいにあそこまではやらないっすよwww
燃料系をまとめた銀色の箱と、そこから給油口に延びるパイプ程度にしときます。


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回はインタークーラー作製に加えて、干渉するリアインナーフェンダーのちょい加工と室内ドンガラにも手を付けられたら…と思ってます。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。