サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

購入キットよもやま話:フジミさんの2代目ミラ

Category: 購入キットよもやま話  Tags: キットレビュー  (フジミ)  
フジミミラ レビュー1


今回はこちら。 
ご紹介するのはフジミさんの2代目L70Vミラ。

ダイハツリーザ・スズキアルト(ワークス)と共にK-CARシリーズで展開されたうちの1車種で、ミラに限って言えばTR-XX・ミラヴィヴィアン、そして今回のパスタスポーツフルキット仕様の3種がありました。
また箱絵やシリーズのバリエーションとして、TR-XXは峠シリーズ・ファインドライブシリーズ、パスタスポーツはこのチューンドUSAシリーズの他に黒背景パッケージが存在します。
(チューンドUSAシリーズにはTR-XXもどうやらラインアップされてたようです)

…と、まぁフジミさんお得意の大量バリエ攻勢で正直把握しきれてないんですけど。
それにしてもこのチューンドUSAシリーズ、コンセプトがどうにかならんかったのかwwwwww


フジミミラ レビュー2



今、軽四輪といえども立派な車です。
この軽四輪にも、新しい流行のきざしが見えはじめています。
その流行とは?
皆さんが車を購入した際に、一番はじめにどこからドレスアップしますか?
「タイヤ&ホイール」の交換です。
それからは……。
そうです、次に外観「エアロ・パーツ」装着です。
そこで人気車「ミラ」にピッタリのエアロ、パーツとは?
軽四輪のエアロ・パーツの中でも一番の人気といえば「パスタ・スポーツ」の「マジョーレ・キット」です。
とても軽四輪とは思えないほど強烈なインパクトを与えるごらんの通りの大迫力/。
そして足元は、「ワークレッドスレッド」他、ピレリーP7Fと、こちらもみのがせません。
これが最先端を走る軽四輪ドレスアップの「チャンプ・マシーン」です。
                    (原文ママ)


Oh……読み手と会話しようとする無駄に熱い文章…。
これ、70年代とかなら当時の良き郷愁感ともなるかもしれませんが、悲しいかなキットは98年製。

そもそも⑤にもあるように、軽×USAってどうなの?と。
お世辞にもカッコいいとは言えない箱絵。
しかも当時価格で1300円と、地味にお高い値段設定。

先述した黒背景パッケージを小学生時代に作り、その箱絵のカッコ良さが大好きだった自分としてはそっちを手に入れたかったんですけどね( ´・ω・)
入手した保土ヶ谷の模型店の店主さんも、会計時に「コレ1300円もすんのかよ…」って言ったぐらいですからwww

ちなみに、お値段は900円に値引きしてくれましたww


フジミミラ レビュー3

フジミミラ レビュー4


死人のような肌の色は置いといて、ボディはこんな感じ。
クソ色白なうえに整形色の青に色相引っ張られたっぽい。

まーとにかくちっちゃい(当たり前)。


フジミミラ レビュー5


上のボディ画像からも分かるように、リアハッチは変な分割。
何でこんな感じにする必要があったんでしょか?

エアロ一式は別ランナーなのでノーマルバンパーも一応付いてます。


フジミミラ レビュー6


内装はバスタブ式。
リアシートは背もたれと座面が別になって可倒式っぽい。
ただ、あんまりちゃんと倒れなかった記憶。


フジミミラ レビュー7


一見アルトと同じと思いきや、微妙に違うシャーシ。
前列シート下付近に当たる、外側にハノ字に延びるフレームにある凸モールドと前輪の位置以外は全く同じなんですけどね( ・ω・)
なので、ホイールベースの違いもちゃんと再現されてます。

全くの別物なのか、金型のコマ替えで対応してるのか、これだけでは判別し辛いところ…。


フジミミラ レビュー8


クリアパーツはこんな感じで一体。
ヘッドライト・テールランプ以外は残念ながらモールド再現。
その2つにも裏に変なピンがあるので、組み立て時には除去しておきたいところ。

ホイールはWORK LEADSLED。


フジミミラ レビュー9


これがパスタスポーツエアロのランナー。


フジミミラ レビュー10


デカールその1。
SSRステッカーが付いてるのは、黒背景パッケの13インチMk.Ⅰが付属していた時の名残。
ちょっと前に12インチ表記のホイール単体で売られていたアレです。

ワイドボディなのに軽ナンバーとはこれいかに。


フジミミラ レビュー11


デカールその2。

ダサい(直球)


フジミミラ レビュー12


一応スナップキットと謳ってるものの部分的に接着剤は必要、しかもアンテナを伸ばしランナーで作れとか、何とも中途半端な感じ。


フジミミラ レビュー13


塗装指示図が一番完成イメージを掴みやすいかと。
結構カッコいいでしょ?
キチンと手を入れればそれなりに応えてくれるキットだと、そんな感じに思います。

現在ではこのエアロキットはやや入手困難。
TR-XXやヴィヴィアンは数年前に再版されていますので、まだ探せば入手は可能かと。
1/24スケールの2代目ミラはフジミさんのみですから、お手軽に作るもよし、弄り倒してウォークスルーバンにするもよし、ミチートにするも……あ、流石にそこまではやんないですかねww



※2015/12/19 追記
10月にインチアップシリーズへと移されパッケージを変更。
ノーマルとのコンパチキットとして久しぶりに再販されました。

Amazon.co.jp 1/24 インチアップシリーズNo.153 ダイハツ ミラ ターボTR-XX/エアロ



関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
98年にこんなキットが発売されていたんですね!このキットが発売された当時、模型屋店頭に黒パッケのミラとリーザがあったのは記憶にありますがこんなキット見たことないです。今となってはすごく希少なキットなんじゃないですか?しかし、暗黒期のフジミらしくセンスがぶっ飛んでてすげえかっこいいですね、これが再販されたら買ってしまうかも。このキットの
完成画像楽しみにしております。
 
>デル他さんへ

黒パッケの方はたまに再版されていて入手は容易ですけどこっちは1度きり、実際このキットも長期閉店していた模型店さんが再開した際にサルベージしてきたものですからね。
ただ欲しがる人もあまりいないのか、希少度は低いのかなとも思われますww

フジミさんは昔からこういう場末の民俗資料館的な何とも言えない怖さとセンスが光りますけど、キットを素材として割り切ってイジると結構面白いものが多い印象です。

パッと見、手を入れる個所が多くて二の足を踏み気味ですが、こちらもいずれキッチリ仕上げてカッコ良くしてみたいと思います。

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。