サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

過去作品:TT142コロナ

Category: レストア・過去作品 > アオシマ  Tags: 過去作品  トヨタ  アオシマ    
アオシマ TT142 コロナ 1


今更ながら写真撮って記事を書いてると、作品を客観的にみれるいい機会だなと思う今日この頃。
( ´-`) .。oO(これが今後の作品のクオリティUPに繋がるといいなあ…)

さて今回も粗の多い作品、142コロナです。
実車だとこの2ドアは販売期間が2年半くらいの短いモデルでした。
タマ数少ない訳だそりゃ。 
キットのほうは2004年11月にアオシマさんから発売された旧四車會チキチキれーしんぐシリーズ「コロナ(TT140)」です。

アオシマさんのコロナは実車とほぼ同時期に発売され、シリーズを変えて再版された以降ラインアップからずっと消えていたため存在を知らない人も多かったこのキット。
…と、偉そうに語ってますが自分も金型の存在を全く知らなかったクチで、このキットが発売された当時店頭で存在を知り速攻レジへ。
旧車會仕様で発売されたほうが早く、のちにザ・ベストカーヴィンテージシリーズでノーマル仕様が発売されました。

キット内容は旧車會シリーズ共通のアホみたいにキャンバーのつく足回りとドホリのホイールと引っ張りタイヤ。
後者2点はのちに改パーツとして別売りされているアレです。

また、シャーシを同社セリカXXと共用しているため実車とはホイールベースが異なります。
対策としてボディを輪切りにして切り詰めていらっしゃる方も見受けられますが、ボディ全長はほぼ1/24なので当時自分はリアフェンダーアーチ後ろ半分を新たに成型するという方法で対処しました。
処理が甘いのは当時の自分のスキルの仕様です( ´・ω・`)
今ならホイールアーチ近辺を四角く切断して前側に設置した後、パテで成型する方法をとると思います。
そのほうが仕上がりが綺麗ですもんね。

シャーシは…この作品はそのままです。
タイヤを前側に持っていったためインナーフェンダーと干渉してリアの車高を落としきれなかったのは内緒です( ´・ω・`)
リアインナーフェンダー前で切断した後、前側を詰め、シャーシ後端をプラ板で延長して対処…とかの方がよかったですね。

ホビーサーチ アオシマ コロナHT2000GT(純正ホイールタイプ)

Amazon.co.jp 青島文化教材社 1/24 ザ・ベストカー ヴィンテージ No.58 コロナ HT 2000GT 純正ホイールタイプ



アオシマ TT142 コロナ 2


ボディカラーは旧Mr.カラー20番ライトブルー。
クリアーはいつもの水性ホビーカラー30番。

ホビーサーチ  GSIクレオス 20 ライトブルー (半光沢 ラッカー系)

Amazon.co.jp Mr.カラー C20 ライトブルー



主な改造点は
・リアシート除去
・バケットシート・ロールケージ・インタークーラー・ボンネットダクト制作
・ランナーとパテとストローでマフラー制作
・フロントバンパーを同社33ローレルから、サイドステップを同社31セフィーロ(どちらもうろ覚えなので恐らく)から流用加工
・ホイールをフジミさんのスパルコN1(16インチ)に変更

ホイールはリムを白に塗装しています。
フジミさんの別売り17インチホイールはそのほとんどが実質16インチですね。

ホビーサーチ  フジミ 17inch スパルコ N1

Amazon.co.jp 1/24 THEホィールシリーズNo.58 17インチ スパルコ N1




アオシマ TT142 コロナ 3


サビサビだったであろう金型に資金を投じて復活させたアオシマさん、グッジョブです。
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。