サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

ハセガワ TA22 セリカ制作記 その6

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: ハセガワTA22セリカ制作記  
ハセガワTA22セリカ制作27


今回はダイジェスト版。

いやー…何か知らんけど、このシート整形だけでもアホみたいに時間かかっちゃって(;´∀`)
しかも週後半に熱が出ちゃって、更に時間が取れなくなったっていう有様。
ただの風邪だったんで異様に回復は早かったですけど、とにかく体が痛かったww

なので、今週はちょこっとだけのあらすじです。

前回シートのパテ盛りは済ませているので、まずは首の後ろ・左右脚のサイドの3点にベルトホールをピンバイスで穴開けをしてヤスリで整えます。
そこから彫刻刀で粗方削りだした後に全体を整形。
首の後ろのホールにはプラ端材を接着してそれっぽく。

おどろおどろしい色になってるのは、以前塗ってあった謎塗装を剥がしたため。
後でちゃんと塗装しますんで軽く拭う程度に。

右は助手席、フジミさんの汎用シート。
金型が痛んでボロボロなのをしっかりと処理。


ハセガワTA22セリカ制作28


シート裏は完成すればほとんど見えないですけど、まぁ一応。
押しピン跡と抜けをプラ板・プラシートを使って処理。


ハセガワTA22セリカ制作29


んで、キットパーツをそれぞれ整形…中ですww

純正ダッシュ上に貼り付けるメーターパネルは、左上の裏側をちょいと削ってサイドに出来るだけ隙間ができないように位置調整。
無造作にべたっと覆うような感じですから、調整してもそんな変わんないですけどww

また、ロールケージのメインフレームは説明書通りにフロアに取り付け穴を開け、0.5㎜厚プラ板に1㎜穴を開口したものを接着して若干高さを調整。
プラ板自体は後で上手い具合にカットしておきます( ・ω・)

あとは各パーツのパーティングライン消しとステアリングコラムの角度調整、消火器裏の抜けを塞ぐ位で塗装に入れそうですね。


…と、こんな感じで非常に手短ではありますが、今回はココまで。

次回は…今回予定が狂っちゃったんで、どこまで出来るか分からないですwww
とりあえずダイジェストだけにはならないよう頑張りますww

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
お体は大丈夫ですか?季節の変わり目は体調崩しやすいですからねえ。(かく言う私も体調崩して胃腸炎になりました…) シートスクラッチはいいですねえ、年式が中途半端な車(70年代中盤~後半あたり)のシートってなかなかいいのが無いんですよねえ、そんなときは似たようなの他から持ってきてお茶を濁してましたが、キット代ももったいないし思い切ってスクラッチするのも手ですね、参考にさせていただきます。
 
>デル他さんへ

現在はもう回復しているので大丈夫ですよー。
ありがとうございます。
デル他さんこそ自分よりも症状重そうで辛そうなんですが大丈夫でしょうか…?
今年は熱を出してる方が多いように感じられますので、お体お大事にしてください( ´・ω・)

確かにシートって意外と思ったものがすんなり手に入らないことが多く、最近では運転席にフルバケを入れるようにしてるんですが、シート自体を別売りで販売しているところって国内だとアオシマとフジミだけですからね。
圧倒的に数が足りない割に純正シートはジャンクでどんどん増えてったり…ということで、実は半分嫌々加工してますww

心材にしやすそうな形状をベースに選んで、座面なんかは入り組んだ箇所用に小回りの利くヤスリや刃物があると作業が楽になりますね。
それでも地味に時間はかかるので、色々と模索中です。

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。