サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

ハセガワ TA22 セリカ制作記 その8

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: ハセガワTA22セリカ制作記  
ハセガワTA22セリカ制作35


うーん…。 
自分が思ってたように中々進まない・上手くいかない、そんな自分にブレーンバスター。
どうも私です(イミフ

もーとにかく寒い!
よくプラモは暑さ寒さとの戦いだなんてよく言われたものですが、まさにその季節がやってまいりました。
大体1日の最低気温が10℃を下回ってくると、デカールの扱いでパリパリ割れてくるとか若干の支障を伴ったりしながら地味な寒さに耐えつつ作業することになってきますからねー。

でも逆にKOTATSUモデリングなんかしちゃった日にゃあ、まーそれはそれで動かざること山の如し。
怠惰全開で人間としての尊厳を完全に失うんですけど。

今週は北米の方は大雪だったりして、ハワイ州を含む全米で最低気温が氷点下なんてことにもなってたみたいで、それに比べるとまだマシなのかもと思ったりした私でした。

……寒さなんかにぜってー負けねぇwwwwww

んで、どーでもいい前置きは置いといて、今週の作業。
前回途中だった内装をやっとこさ完成させました。


ハセガワTA22セリカ制作36


見た目としては、いつも作ってる感じと特に代わり映えもせず。

シートベルトをロールバーに巻く段階で予め表と裏を2分割(つまりバーの箇所で切れ目を入れて隠すってコト)にしてみたりとかしても、別に見た目の何が変化したって訳でもなく。
寧ろコシが出ちゃって超やりにくかったデース。

あと室内が結構狭くて、バー共々取り付けに難儀。
ま、加工した割にはそこそこ綺麗に纏まってるし良しとしますか( ´・ω・)


ハセガワTA22セリカ制作37


更にボディを被せてホイール取り付け。

リアはすでに調整済でサクッと終了。
フロントはプラ板を挟み込んでトレッドとキャンバーを調整。

今回はこれだとストラット回転軸とホイール位置が遠すぎて、ステアした時に前後に振られてフェンダーと干渉しまくりんぐ。
正直あまり褒められるような形ではなかったですね( ´・ω・)

そして、四点接地させるためにタイヤ接地面を部分的に軽く削ってと…


ハセガワTA22セリカ制作38


こんな感じ。

あ、前に付いてる何か変なコレ、フジミさんの70スープラのリアウイングです。
何ヶ所かちょっと曲げて、真ん中の支柱切り取ったら付いちゃったんですよね。

まだほぼそのまま付けただけなんで、今後もっと綺麗に加工しますけど。
ジャンクパーツの有効活用っす。


ハセガワTA22セリカ制作39


後ろから。

内装入れたらリアはやや上がっちまったZE。
ま、16インチでこの車高なら十分。

あと悲しいかな、これでステア全切りです。


…と、こんな感じで手短ではありますが、今回はココまで。
次回はエアロとウインカー・テールランプ等の細々したパーツをやっていきましょかね。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。