サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

作品メンテナンス その4

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: メンテナンス  
作品のメンテナンス25


毎度似たような画像でゴメンナサイ。 
見ていらっしゃる方はもう飽き飽きしているのでは…って、作ってる当人がダレ気味ではありますけども。
多分来週で終わると思うので、もう少しの辛抱をば。

まずはアオシマRN36ハイラックスとフジミ117クーペ。

ハイラックスはその2で弄ってましたが、ヘッドライトの曇りを直すのを忘れてました。
ピンバイスを入れて割って除去してからジャンクパーツから径の合うものに交換。

117クーペも同じくヘッドライトを交換して、ボンネットピンの位置を変更。
ラジエター(らしきもの)をエバーグリーンメタルサイディングで作り直し、ホイールのガリ傷をタッチアップ。
写ってないですけどセンターキャップも塗装してます。

ボンピンは前にあったものを後ろへと移動。
117クーペって初代セリカ・ハコスカ・ベレGと同じくヒンジが前にあるタイプなんですね。
今回ようやく知りました…ww


作品のメンテナンス26


ナンバーはデカールの文字を上から貼っていて、下の透けていた文字を水性ホビーカラーホワイトで軽くタッチアップ。

ライトはフジミS124Aサバンナのものがやや大きいものの、グリッと押し込んでこんな感じ。
標準パーツと比べると、面がちょい前に出る感じです。

…ラジエター(のようなもの)が違和感バリバリ。
その他色々なところもこの位のアップには全く耐えきれていないっすね( ´・ω・)



作品のメンテナンス27


お次はアオシマJZX90クレスタとギャランΛ。

この2つはインタークーラーを新たに作製したのみ。
クレスタの方は位置関係でボディとシャーシを一度外したりと地味に神経使いましたけど、特にアクシデントもなく終了。

色の対比が凄くキレイ。


作品のメンテナンス28


そして今度はハセガワST185セリカGT-FOUR。

リアナンバーポケットの実車にはない分割を光硬化パテで埋め、ボディ同色に塗装して完了。
肝心の箇所が見え難くて申し訳ない。

あ、ホイールセンターも水性ホビーカラーブラックで塗っておきました。


作品のメンテナンス29


ガンガン行きます。

アオシマGC34ローレルはまずインタークーラを制作し、ナンバーを以前ハセガワGDBインプレッサに使用していたものに変更。
元々付けていたものはデカールがバキバキになっちゃってましたからね( ・ω・)
こっちは分類番号2桁でも問題はないでしょう。


作品のメンテナンス30


あとは薄過ぎたGTウイングを現在と同様の制作方法で新たに制作。
支柱はそのまま再利用でございます。

こちらも様々な箇所のアラが酷くて、アップに耐えられない状態…。


作品のメンテナンス31


そしてアオシマUCF31セルシオ。

こちらも画像では写ってはいませんが、インタークーラーをフロントバンパーダクトから見える範囲でメタルサイディングを使用し、GTウイングを新たに作り直し。


作品のメンテナンス32


加えてホイールセンターキャップも塗装。

GTウイングは今回ハイマウントからローマウントへと変更してみました。
これもボロボロで色んなところがヤバいんですが、少しは落ち着いた感じになった…かなと。


…と、こんな感じで今回はココまで。

次回もメンテナンス。
再来週からS15に戻ると思います。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。