サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

フジミ PR95ベレット1800GT 制作記 その4

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: フジミベレット1800GT制作記  
フジミベレット1800GT制作20


後ろから前から。 
あ、今回からタイトルを「PR95ベレット1800GT」に変更しました。
型式とGTの後ろに付いていた「N」を取り払っております。
事前に調べたのにもかかわらず、後期型になってGTは生産されてないものだとばっかり勘違いしていまして…ww

GTNはGTの一つ下のグレード。
シングルキャブで圧縮も下げられており、パワーもGTよりやや非力なんですよね。(今更知った風な口調で言う薄情さ)
エンブレムデカールの観点からも、敢えて低グレードにすることもない訳で…。

ということで、キットのまんまGTで制作。
過去タイトルも併せて既に変更しております。
私、こういう間違いがちょいちょいあるのでタイトルが変更になった場合はそっと察していただけるとありがたいですww
グダってお騒がせいたしました。


んで、今回は内装。
まずはリアシートを取っ払い、底面をシャーシと接着します。

ここで気になったのが内張り側面との繋がり。
いずれ箱型に一体としなきゃなんないですものね。
なのでここは切り取った状態のまま一旦休止、先にダッシュボードやらの前側を完成させてしまいましょう( ・ω・)


フジミベレット1800GT制作21


はい、完成。

…実際は1週間の作業時間の大半を費やしております。

元々グレーの部分以外はつや消し黒塗装指示一色なのを、つやありブラック+つや消しクリアーの半つや塗装に。
グレーもMr.カラー37番、RLM75グレーバイオレットに変更しています。

このグレー部分真ん中にはメッキの装飾がありますが、キットには一切再現も塗装指示もないので(幾多の修正をかけた)気合一発筆塗りシルバーで入れておきました。
更に手持ちの資料と照らし合わせて、スイッチパネルもシルバーでお絵かき。
メーターデカールには水性ホビーカラー30番クリアー上塗りで保護。

ステアリングコラムは接着位置で微妙に角度を変え、ステアリング自体もハセガワ初代レガシィのラリー用を流用。
スポークの穴開けも地味にやっていて、グリップ部はタミヤカラーフラットブラックを選択。
一応ダッシュボードとの対比を付けている…つもりです。


フジミベレット1800GT制作22


同様に側面内張りもこんな感じ。

手を入れた割にはツヤが均一にならず、寧ろ汚い印象に…( ´・ω・)
つーか、成型色のままの方が良かったんじゃー。


フジミベレット1800GT制作23


上の画像でもチラッと写っていたシートは、アオシマさんのドリフトパーツセットのフルバケットシートとハセガワさんの510ブルーバードサファリラリー用を選択。

どちらも内装底面にあった取り付け突起を一部切り取り、フルバケの方は接着面積を稼ぐためにプラ端材を追加。(図の矢印1)
加えてアオシマさんのシートは横に幅広なため、センタートンネルと干渉しそうな○の部分を一部削り…


フジミベレット1800GT制作24


反対側の肩部分、こちらも内張りと干渉するため削ってあります。

ついでにベルトホールも開口。


フジミベレット1800GT制作25


そして塗装。

フルバケは表をフラットブラック、裏をつやありブラック。
もう一つはダッシュボードと同じ塗装。
成型色とほぼ質感変わんねーww


フジミベレット1800GT制作26


サイドブレーキやらペダルやらも塗装して、こんな感じになりました。
シートは置いただけ。

うん。
良くも悪くも大して分かんないっすね。

あ、ダッシュボードと内張りに走るシルバー(実物はメッキ)のラインは、塗装よりもメタルック等を細切りして貼り付けた方が質感も良いですし手間も省けると思います( ・ω・)


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回も内装。
後ろから前からの後ろから、シャーシとの一体化でございます。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。