サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ TT2サンバートラック 制作記 その2

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマTT2サンバートラック制作記  
アオシマTT2サンバートラック制作7


案の定、塗装までは行えず( ´・ω・) 
パーツ数が多いので処理が大変っす。

前回と同様にフレーム近辺から手掛けていきます。
↑の画像は説明書に記載されている順番を無視して、同じ色指定のパーツを予め接着してみたの図。

パーツ番号だと、110・112・113・123・124・126・127・132の8パーツ。
カバーとかも同色なんでやろうと思えば可能ですけど、塗料の回りとか考えれば大体この位が問題ないレベルじゃないでしょうかね。

※2015/6/30 追記:エンジン下に斜めに走るフレームパーツ(113)はシルバー塗装指定で、その他フレームとは色指定が異なります。
塗装作業中、勘違いしていたことにようやく気付きました…(;^ω^)



アオシマTT2サンバートラック制作8


勿論、エンジン横のカバー(123・124)の裏側にある押し出しピン跡もキッチリと光硬化パテで埋めておきました( ・ω・)


アオシマTT2サンバートラック制作9


そうなるとやっぱり気になってしまうのが性ってもんで、もう一度下回りパーツでピン跡があるところを確認。
全て同様に処理しておきました。

「いやいや、ここまでせんでも十分じゃろうて…(;^ω^)」と我ながら思いつつ作業。
お気楽にサボる 対処するのなら、開閉式となるエンジンフードとキャビン下に付くマットガードの3部品だけで十分だと思います。
ちなみに前回のと合わせて100ヶ所を超えました。

あ、エンジンフードは処理後にヒンジ(130・131)を取り付けておきました。
こちらもカラーは同色指定ですね。


アオシマTT2サンバートラック制作10


そして足回りを含めて、パーツのパーティングライン処理。

※注:制作者は特殊な訓練を受けています。
スプリングとかドライブシャフトブーツとか配管とかめちゃくちゃ大変だった(´A`)

ここも基本、ほぼやらなくていいですwww
逆に言えば、気の済むまでごゆるりと。


アオシマTT2サンバートラック制作11


フロントドライブシャフトは切断してFR化。
切断する位置がこの位置で合ってんのか疑問ですが…ww

バッテリーとウォッシャータンクは、裏側の抜けている箇所を取り付けに影響ない範囲で0.3㎜厚プラ板を使って塞いでおきました。


アオシマTT2サンバートラック制作12


エンジン横に付くマフラーは、マフラーエンドをフジミ180SX後期用を1本に加工して流用。
穴も棒ヤスリでグリグリやって、ほんのちょっとだけ肉厚を薄くしています。

エンド以外は純正パーツを使おうと思ったものの長さが足りず、取り付け穴を長穴加工して後ろにずらしたりしたあーだこーだやってるうちに、結局2㎜ソフトプラ棒にて置き換え。
最初に間違って上の方を長穴加工してしまったのは内緒だ。


アオシマTT2サンバートラック制作13


ちなみに仮組みすると、位置と雰囲気はこんな感じ。
径も伸ばし方も今回はかなり控えめ。

実車もアフターパーツは大体こういう感じなんで、まぁ雰囲気は出ているのかなーと。
存在感なさすぎてもっと太いのに変えてやろうとかウズウズしてますけど。
一応純正よりかは太くなってます。


荷台は前回から塗装を部分修正して、裏側のみとりあえずクリアーまで塗っておきました。
あと左側テールランプ横のロープフックは樹脂パーツっぽいものが実車には付いてるみたいなので、つや消し黒を流し込むような感じで追加しておきました。


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回は自作パーツをちょこっとこさえて、一気に塗装。
出来れば組み付けちゃいたいですね。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

05 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。