サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

購入キットよもやま話:アオシマさんのRAV4

Category: 購入キットよもやま話  Tags: キットレビュー  (アオシマ)  
アオシマRAV4 レビュー1


ゆるゆるレビュー。 
今回はアオシマさんのRAV4をご紹介。

アオシマさんのRAV4は実車がデビューして間もなく発売。
JとLのグレードを基本として、ETV・SパッケージRVの各シリーズでアニマルガードやフォグランプ等の小物が追加されたバリエをその後に展開しています。
2012年にザ・ベストカーGTシリーズでJ/Lのコンパチとして小物ランナーもオマケで付属されたキットが再販されているので、記憶に新しい方も多いかと。

Amazon.co.jp 1/24 ザ・ベストカーGTシリーズNo.27 SXA10 RAV4



正直当時から売れたキットという印象は無く、当時モノが未だに模型店の棚の片隅で色褪せて置いてあるところもチラホラ見かけますww
同社のエスティマエミーナ/ルシーダ・パジェロ・CR-Vなんかもこの前後数年にキット販売が始まり、「週末に一杯荷物を積んでキャンプ場でBBQできる、普段はタウンユースとして使えるクルマ」みたいな立ち位置(パジェロとかは結構ガチたけど)が実車も流行ったことで、それにあやかりそれぞれモデル化・シリーズ化していった…てな感じですかね。

アオシマさんはこの後ミニバンのキットなんかも積極的に発売するようになって、今から見るとキット化する車種選定のターニングポイントはこの辺りからあったような。
思えば実車もクルマに対する価値観や在り方がライフスタイルに合わせて微妙に変化した転換期だったと思います。

あ、この初代はアオシマさんのが唯一の1/24キットですね( ・ω・)


アオシマRAV4 レビュー2


私が購入した今回のキットはごく初期のもの。
説明書には1994年12月の表記がありましたので、もしかしたら初版なのかな…?

購入は2010年。
このブログではちょいちょい挙がる、大和にあった中古キットも扱っていた模型店(閉店済み)で定価よりお安めの900円で購入。

パジェロJr.のキット購入でもやらかした、当時「RV・SUVキットを車高短化したいという謎のブームが自分の中のみで襲来した結果、大した知識もないのに安直に購入して、後で調べたらモノコックフレーム(つまりラダーフレームのようにチャネリングしてガッツリ下げることができない)だった」というヘマを再度犯しておりますwww


アオシマRAV4 レビュー3


初期ロットのためかスジ彫りがしゃっきりぽんとしてて、造形も良い感じ。
パッと見、かなりカッチリとした印象です。

スペアタイヤ別体なので全長の正確な数値は不明ながら、全幅・ホイールベースには実車と比べて特に変化はないので、恐らく大きな形状の問題は無いかと( ・ω・)
制作する際は改めて仮組みして確認しておきます。


アオシマRAV4 レビュー4


サンルーフはスジ彫りのみ。
実車も丸ごとガバッと外すタイプだったと思うので、このままでも問題なさそうですね。

ちなみにボディ成型色は画像ではソリッドの青に見えますが、実際は細かい粒子が入ったパール調になってます。


アオシマRAV4 レビュー5


シャーシは組むパーツを最小限にしながらも、モールドがキッチリ入ってるのでリアルに仕上がりそう。


アオシマRAV4 レビュー6


全体的にパーツ数は少な目。
画像は主に足回りのA・Bランナー。
Aランナーは部分的にランナーが欠損してますけど、パーツは完品。
元々は画像奥側にシャーシが配置されていました。



アオシマRAV4 レビュー7


Bランナーパーツ13番はL用のグリルとなっていて、今キットでは省略。
2012年の再販では両方とも付属しています。


アオシマRAV4 レビュー8


タイヤ・ホイールはスペアも含めて5つ。

タイヤは「BRIDGESTONE MUD DUELER」。
ホイールはピン式の約15インチ。
実車は16インチなので小さめですね( ´・ω・)
どちらかというとタイヤにインチを合わせたのかも。
Sパーツの別売りホイールにもこのタイヤが採用されてますし。


再販ではホイールのメッキは付属する3種のうち、オマケ扱いの1種のみに施されていて、この純正ホイールは白整形のままとなっています。


アオシマRAV4 レビュー9


お次は内装関連のCランナー。

細かいところですけど、左のマフラーのみ単体でDランナーとなっています。


アオシマRAV4 レビュー10


恒例のダッシュボードチェック。

デカールはメーターのみで、スイッチパネルはモールドがあるもののかなり簡略された状態。
雰囲気は寧ろフジミさんっぽいかもです。


アオシマRAV4 レビュー11


内装はバスタブ形式で、ドア内張りは上の画像の下に写っている手すりが別パーツ化。

こちらも構成はどちらかというとフジミさんっぽい( ・ω・)


アオシマRAV4 レビュー12


クリアパーツのGランナーと、サイドミラー鏡面用のメッキされたEランナー。

フォグランプが付属する場合は、クリアパーツは右側のヘッドライトの更に右に配置されています。
今キットでもランナーが堰き止められているので、初期からオプションパーツを加えたバリエ展開が企画されていたようですね。


アオシマRAV4 レビュー13


そして最後はデカール。
やはり黄ばみが…ww

特徴的なシート柄は再販キットでは青基調になり、そもそもデカールデザイン自体も全く異なるものに変更されています。


以上で全パーツ。

作りやすそうなパーツ数であんまり考えずともサクッと組めそうな良キットの予感。
息抜きとして肩に力を入れずに制作するのも良いかもですね。

私はとりあえず18インチとロールバーは入れてみようかと…ww
レビューしてる間に何となく方向性が掴めたので、出来ればパッと組んでみたい…と言いつつも何時になることやら。
大きいサイズのホイール入れとけば車高を下げるのにそんなに苦労しないでしょうし。
てか、変にエアロとか付けずにそこそこな車高の方がこの車には似合うような気がします。
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。