サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

タミヤ RS13 180SX改シルエイティ 制作記 その11

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: タミヤ180SX改シルエイティ制作記  
タミヤ180SX改シルエイティ制作56


地味に地道に。 
今回はホイールの装着から。

ホイールはその2で取り上げた、ジャンクから再生させた裏側のボスの折れたフジミさんのSSRフォーミュラメッシュとインパルメッシュ。
タミヤキットにフジミホイールとなるとやや難易度のある加工を強いられますが、今回は裏側が何にもない状態になってることが結果オーライ的な感じで幾分楽になってます。
恐らく新品だったとしても躊躇なく裏の長めなボスは切除してると思います…ww

画像はリア側のインパルメッシュ。
いつものように金属ワッシャーとプラ板でディスクブレーキもどきを裏側に仕込み、中心部にフジミ板シャーシ汎用プラワッシャーを接着してトレッド幅を調整。

左の2つは同ランナーにロールバーが付いてるタイプ(GX71等)のもので、右2つはもう一つのバージョン(スタリオン等)にあるもの。
更に左側のグレー色のタイプは以前制作したR31スカイライン用のもので、通常タイプと若干厚みが違うという地味な罠。
こういう事も想定して、一見同じものでもランナー毎に左右均等に振り分けた方が支障がないと思います( ・ω・)


タミヤ180SX改シルエイティ制作57


フロント側も同様に施工。
画像1枚目右側タイプのワッシャー1枚と0.5㎜厚プラ板2枚でトレッドを、その内のプラ板1枚には折り目を付けることでキャンバーを調整しております。

一見そんなに低い印象はなくとも、一番低いフレームから地面まで約0.5㎜という限界ギリギリの低さ。
フレームモールド加工とか14インチにすれば更に下がるとは思いますが、そうするとメンバーなど裏側の色々な場所全てに手を入れなければならないので、(この状態でもフロントメンバー加工は行っていますが)キットの状態を尊重した形としてはやはりこれが限界かと。
…前作サンバーからの印象の揺り戻しが激しいっす(;^ω^)



タミヤ180SX改シルエイティ制作58


んで、今回は純正エアロ制作にチャレンジ。
まずはサイドステップ。

こちらもいつもの自作デザインを作る時と同様に、
1.主要な長さを決定
2.ドア横とのラインを繋げて
3・4.最後に折り返し部分を制作
ってな感じ。

1の部分は幅4㎜にプラ板を切り出して、下1㎜を先曲ペンチで内側に向けてグリグリ折り目を付け、3の部分には0.14㎜厚プラシートを使い、ラインがなだらかに繋がるように意識して構成。
2の部分は0.3㎜厚、3・4はプラシートで厚みを抑えてあります。

一応サイドシルの低さと同じになるように作り、完成形はジャッキアップポイントの高さと面一になる位になりました( ・ω・)


タミヤ180SX改シルエイティ制作59


フロントは180SX前期用、通称CAリップを目標にまずはエバーグリーン1.0×2.0㎜プラ棒を矢印の部分で3分割するように接着。
そして上から0.5㎜厚プラ板をサイドは幅3㎜、前はこちらもエバーグリーンの幅2.5㎜プラ棒をそれぞれペンチでグリグリ折り目を付けて接着。


タミヤ180SX改シルエイティ制作60


リアも180SX純正を目指して無謀にも全てプラ材で作ったら、計28分割という鬼畜構成に。
しかも出来上がったものは微妙に似てない。

特に矢印部分のグニュッと後ろへ繋がる形状が上手く仕上がらず、強調するために上からプラシートを貼ってみるもやっぱりコレジャナイ感。

…ま、まぁこれはこれで何となく様になってるから、もうこれでイイですわwww


タミヤ180SX改シルエイティ制作61

タミヤ180SX改シルエイティ制作62


この状態で全体を一旦チェック。

基本的な骨組みは大丈夫そうですかね( ・ω・)
あとは角をヤスリをかけて取ったり、継ぎ目をパテ埋めして自然な感じに整形すればOKっぽい。
実物と比べると似てない所も多々ありますが、今回はこれで良しとしますわ。


…と、こんな感じで今回はここまで。

次回も外装。
出来ればボディ塗装まで行いたいけど微妙っすな。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。