サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

購入キットよもやま話:マルイさんのKP47スターレット

Category: 購入キットよもやま話  Tags: キットレビュー  (マルイ)  
マルイKP47スターレット レビュー1


ジャンク品をゲット。
画像多めです。 
今回ご紹介するのはマルイさんのスターレット。

マルイさんといえば、現在は国内有数のモデルガンメーカーながら黎明期は様々なプラモデルキットを発売し、カーモデルでは80年代族車ブームにおいて当時の流行センスを注ぎ込んだ「oh!My街道レーサー」「ハの字シャコタンで走る」「ペッタンコツッパリマシン」「ワークスオバフェンスリックタイヤ」等シリーズで一躍有名に。

まだまだモーターライズのチープキットが主流の中、綿密な考証と金型技術、更には流行を敏感に捉え、キットに織り込んでいくセンスは他社の追随を許さないものとして、90年代にモデルガンへ主力商品を移し、プラモキット生産から撤退した後も、現在まで語り継がれる絶版キットの超有名処であります。

その人気から、どのキットをとっても高値で取引されるマルイさんのキット。
特に1/24国産車の車種としてみても、KP47スターレット・コスモAP・910ブルーバードなんかはこのマルイさんが唯一となるために非常に貴重な存在ですね。
910ブルは4ドアがタミヤさんと今は無きエルエスさん、2ドアがマルイさんと日東科学さんと各社発売されていますが、日東さんは以前フジミさんのSR311フェアレディ2000の回でも触れたように恐らく金型が火災で焼失していると思われますし、現存するキットも幸か不幸か当時このマルイさんの人気に押されて流通量が少なく、お目にかかる機会は非常に少ないです。
マルイさんにある(そもそも未だに保管しているのかっていう疑問も残る)金型はメンテされていないでしょうから再販も絶望的。
故に2ドア910だと当時モノマルイキット一択となる訳です。
以前はS124Aサバンナも決定版と言われていましたが、10年程前にフジミさんから新規金型でリリースされてからは、マルイさんのはコレクターズアイテムとしての意味合いが強くなりましたね。
現メーカーさんからのパクリ リスペクトキットとして何処からかリリースされないかなーと淡い期待を抱いておりますが、一応マルイさんも絶賛営業中ですので、権利関係にうるさい昨今はちょいややこしくなるか…ww


今回はジャンク品ということで、お値段は「ちょっと奮発したお昼ご飯」程度のお買い得品。
一度oh!My街道レーサーシリーズのを買い逃して悶々としておりましたが、結局はお得に購入できてよかったなと(;^ω^)
こういう経験をすると、やはり手元に来る品物というのはたとえ内容が同じものであったとしても一種縁のようなものがあるんだろうなーと再認識した次第でございます。


マルイKP47スターレット レビュー2


※画像クリックで拡大版あり〼。

パッケージ側面。

ワールドチャンピオン&スーパーカーシリーズでのスターレットの展開はこの7番トムスと34番クワハラの他に、1番トヨタオート多摩が存在。
7番トムスは90年代に一度再販が行われており、流通量は一番多いと思われます( ・ω・)
またシリーズラインアップはこれだけではなく、年代によっても微妙に異なる模様。
シリーズ8・10番のサバンナのパッケージは個人的に今まで見たことが無いので、もしかしたらそもそも発売されてないのかも…。


マルイKP47スターレット レビュー3


今回のキット、何故ジャンクなのかというと、シャーシが欠品・ボディを盛大に弄りまくっていてミント状態ではないため。
店頭でジャンク品なる旨を確かめようと箱を開けてみたところ、目に飛び込んできたのがコチラ。

……なるほどwww

この辞世の句 添え状がガツンと訴えたるもの、何か一種独特の妖気みたいなのすら感じて店頭で一瞬固まりましたが、そこはまぁ天下のマルイキット。

私めが謹んでお引き受け申した!


マルイKP47スターレット レビュー4
マルイKP47スターレット レビュー5


※画像クリックで拡大版あり〼。

ちなみにシャーシはこんな感じで裏面が簡素な表現のモーターライズ。
全く同じキットを手にしたTwitter相互フォローのお方は、「嵌め込みがキツすぎて、最後に合体する時何かモゲそう」って仰ってたので、シャーシ欠品も結果オーライなのかな…www
ダイソンさんありがとうございます。

フジミ板シャーシを切り詰め加工とかすれば、代替は可能でしょう( ・ω・)


マルイKP47スターレット レビュー6


さて、開封の儀をば。

こういう仕切り板は懐かし絶版キットの定番。


マルイKP47スターレット レビュー7"
マルイKP47スターレット レビュー8


ジャンク理由その2のボディ。

一体だったオーバーフェンダー・フロントスポイラー・リアウイングがポリパテらしきものを裏側に充填されて削り取られています。


マルイKP47スターレット レビュー9


一応裏側はこんな感じ。

正直もっとメッタメタに弄り回してると想像するも、意外と綺麗に造形されてるっぽい。
裏側の処理も綺麗ですし、表面も何度か手を加えた形跡があります。
パーティングラインもヤスリで軽く除去されてて、制作する際にはこのまま踏襲していく形で問題ないように見えます。

強いて懸念するとしたら、ホイールアーチのセンターとフェンダーフレアをどう上手くもっていくかですね。


マルイKP47スターレット レビュー10


マルイといえば族車シリーズの経年変化でドゥルンドゥルンに可逆材が染み出してプラを犯す、やけに光沢のあるヤバそうなタイヤが有名ですが、そもそもこっちのシリーズは元々ホイールがランナーの方に入ってると確認できて一安心。

台紙に若干ガスで変色したところが見受けられますが、これは現在のタイヤでも良くある事。


マルイKP47スターレット レビュー11


ゴム自体の材質も近年のとそう変わりはなく、特徴の光沢や汁染み出しも無いので、このシリーズは違うのかな…?
(念のため使わないけど)

前後異なる幅があり、サイドウォール刻印は片側面のみ。
フロント用が225/515-13、リア用は245/515-13とちゃんと区別されています。

初期ロット構成がどういうものだったかが不明ながら、添え状にも25年前とあるのでキットは恐らく90年代再販ものなのかも。


マルイKP47スターレット レビュー12


デカールの状態も問題なし。
ヒビ割れも起こってるような感じはありません。


マルイKP47スターレット レビュー13


ちなみに裏には細かく貼り方指南がつらつらと書かれています。

個人的には③の「特に冬期はぜったいに水は使用しないで下さい。」が訓示。


マルイKP47スターレット レビュー14


モーターライズ用の金具・リード線一式とリア用ギア付きシャフト。

…近年ではこういう何気ない金具も時代の移り変わりにより、生産が難しくなってきているそうな( ´・ω・)


マルイKP47スターレット レビュー15


ランナーは箱に収まるギリのサイズに出来るだけパーツが纏められたレイアウト。

ドライバー人形とかは無いけど、ヘルメットとかもあるのよね。


マルイKP47スターレット レビュー16


各パーツを見ていきましょう。
まずはホイール。

タイヤには13インチの刻印がありますけど、計測すると14インチにインチアップされてます。
トヨタ自工マグっぽくシボ加工がされてるのがニクい。


マルイKP47スターレット レビュー17


3K-Rこと137Eエンジンは上げ底再現。
インジェクション4連スロットルパーツは別部品で別ランナーに。


マルイKP47スターレット レビュー18


シートはこんな感じ。

ベルトのモールド表現がしっかり出ててスゲーわww


マルイKP47スターレット レビュー19


ダッシュボード。

メーターのモールドもこれでもかって位細かいところまで難なく成型させてる模様。
制作時はメーターの画像データ持ってきて貼り付けますわ。
筆塗りでもコレはちょっと無理っすww


グリルのハニカム構造もいい感じっすねー。


マルイKP47スターレット レビュー20


バスタブ内装は、リアインナーフェンダーをシャーシと共有してドンガラ仕様。
フロアを這うコードや配管もモールド。

ドア内張りは競技用ということでか、潔くなーんもなし。


マルイKP47スターレット レビュー21


もう一つのランナーはメッキ仕様。

キャブやブレーキ、リアテールランプリフレクターなど。


マルイKP47スターレット レビュー22


あ、ワイパー折れてる…。
まぁ古いキットだし仕方ねーや…と思ったら、断面のメッキ状態からして射出時の成型不良っぽい。

まージャンクパーツから流用すれば問題ないし、ご愛嬌ということで(;^ω^)


マルイKP47スターレット レビュー23


こちらがインジェクション4連スロットルのパーツ。

もうこの内側にギュリン!って反ってる感じがエロい。
そういえば1/24でキャブをプラキットで再現してるのって中々無いですよね。
最近だとアオシマさんの頭文字Dトレノにありますけど、こっちの方がキャブが長くとられてる分、内側も深めに穿ってギュリン!ってしてるところがエロい(2回目)


マルイKP47スターレット レビュー24


テールランプリフレクターの内側に押し出しピン跡。

クリアパーツを入れて塗装すれば、そんなには目立たなくなるのかな。


マルイKP47スターレット レビュー25


そして最後にクリアパーツランナー。

透明度もあり、ウエルドラインや気泡等も見当たらず、最近のキットだと言われてしまえば疑わないレベルっす。


…以上で全パーツ。
80年代当時のキットとは思えない内容は、マルイさんの金型技術の高さが窺えるところ。
モーター走行を前提としているためパーツ点数は少な目に抑えながらも、ディテールは非常に細かく気を使われている印象です。

制作では前所有者さんの意志を継いで是非ノーマルフェンダーを完成させたいと思ってますが、自分の今までの作例から完全フルノーマルとまでいかなくとも…頑張りますww
何よりマルイキットを手にしたのも初めてで、謎の安息感に満たされてる今日この頃。
もうちょいこの余韻に浸りつつ、資料集めに勤しむこととします( ´ω`)
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。