サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

フジミ S130SフェアレディZ 制作記 その2

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: フジミS130フェアレディZ制作記  
フジミS130SフェアレディZ制作8


見た目が変わらなさすぎてグッタリ。 
S130Z制作記、第2回目にして早くもおみまいされてるでござる。

…まぁこの煮ても焼いても食えなさそうなダルさこそが板シャーシの醍醐味と言っても過言ではないんですけど。
ご覧になってる方々もそれほど期待せずに、ゆるゆるとお付き合い下さいませ。

さて、手を付ければ付けるほど細部の粗が目立つ割には、基本的な整えをバシッとやってはみても正直そんなに変わらないボディは、スジ彫りの彫り直しと別部品部分のスジ追加を重点的にやっておりました。

全体的にスジ彫りは浅めで非常に華奢。
パーティングライン除去と一緒にスジ周辺部をヤスリがけして各パネル面の合わせを行い、エッチングソーとカッターの背を使って彫り直し。
元々個人的には華奢な方が好みなのもあり、画像で見ると白飛びまでしてて何が何だか…www

ボディは厚めで貫通することはまず無いと思うので、BMCタガネとかでゴリゴリ彫り込んじゃっても問題なさそうです( ・ω・)

またプレスラインなんかも右と左で違うなんてのも最早板シャーシキットでは驚かない恒例行事。(今回は画像側の方が酷い)
ドア真ん中のラインもほぼ無くなっていたものを、ヤスリをサッとかけて復活。

…何か想像してたよりもそんなに手間はかからなかったなーとか思ってる時点で、相当麻痺してます。
じゃあまたやれるかと言われれば、二度とやりたくないレベルっすよ。


フジミS130SフェアレディZ制作9


窓枠はこちらもエッチングソーで周りを彫り込んで、輪郭をハッキリと修正。
フロントガラス下側なんて全く無かったっすからね。

ピンクの○で囲んでる部分は、ルーバーがボディと面一になっておらず、変に出っ張ってたのをヤスリをかけて修正したところ。
ルーバー全体も少し彫り増ししてあるんですけど、やっぱり白飛びでよく分からずww


フジミS130SフェアレディZ制作10


リアもスジ彫りが元々無いところが多く、ピンク色で示したところが追加したところ。
エラー…というか、そもそも入れる気も無かったんでしょうねっていう感じ。

リフレクターとナンバーポケットの穴はまた後程処理しておきますね( ・ω・)

バンパー本体とバンパーガードの周囲にも一応スジ彫りを追加してあります。


フジミS130SフェアレディZ制作11


前回放置プレイ宣言してたフロントバンパーのモールドもちゃーんと掘りましたよ。
何故か左手の血色がすこぶる悪い。

気合一発エッチングソーから徐々に棒ヤスリ→彫刻刀と整えていく感じ。
ちょい曲がっちゃったけど、個人的には十分満足っす。


フジミS130SフェアレディZ制作12


辻褄を合わせるために、裏側はこんな感じ。
実車がどうなってるかなんて、ほぼ見えてないから知ったこっちゃない適当っぷり。

ちなみにこのバンパーより下側にあるパーティングラインはスポイラーで隠れる部分なので、干渉しない程度の軽い処理で終わらせておきました。
この部分が運河みたいになっちゃってて一番酷い部分なんですけどね(;^ω^)


フジミS130SフェアレディZ制作13


んで、ここからは改造箇所をスタート…ってところで時間切れ。
ボンネットダクトを開口してみたところで終了。

純正ダクトを生かしつつ、何となく思い付いた形状でブチ抜いてみました。
左右はフロント側、真ん中は前後を裏から断面を削り込んでうすうす加工してあります。


…と、こんな感じで今回はここまで。
次回も残っているボディ加工からですね。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

05 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。