サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

過去作品:KHC130ローレル

Category: レストア・過去作品 > アオシマ  Tags: 過去作品  日産  アオシマ    
アオシマ KHC130 ローレル 1


こちらも見切り発車で作っていくうちにこんな感じになった130ローレル。
コンセプト不明なままとりあえずこれで完成。

当時は勢いで制作したモノが多いです。 
キットは2005年3月にアオシマさんから発売された旧四車會チキチキれーしんぐシリーズ「呂零瑠」です。

呂零瑠…。
ろれーる…インストに記載されてる商品名がコレ。
流石、仏恥義理「プラモデル界の狂犬」夜露死苦、アオシマさんです。
本当にコッチ系は何でもアリですね。
それでも後の俗に言う日産版権で、最近では若干自重してる感もありますが…。

アオシマさんのローレルの金型が製作されたのは族車全盛期。
それからバリエーション展開により、現在までほぼカタログ落ちすることなく生産されてきた息の長いキットです。
様々なバリエ展開があるものの、ほとんどはランナー構成によりノーマルにも組めるキットとなっています。
パーツによっては部分的に盛大にバリがありますが、ボディ自体の荒れは思ったよりも酷くなく、長い間使われてる金型だけにこまめに管理されているみたいです。

実車の人気にあやかり130ローレルは数多くモデル化され、1/24だけでもアオシマ・マルイ・ニチモさんなどがモデル化しています。
童友社(旧ヤマダ)さんのは…一応ノンスケールみたいですね。

アオシマさんの130はトランクが猫背で、ほとんどファストバック状態。
最近では修正されている方もいらっしゃいますが、自分の今作はそのまま。
というか、その情報を知ったのが完成後というオチ。
実際修正するにしても、Cピラー周辺からトランク・リアクォーターと修正する箇所が広範囲に及ぶ繊細な作業となるので、一体どうやっていいものか…( ´・ω・)

結局ボディ評価では、微妙なエラー(リア下部が分厚いとか)はあるんですがマルイさん、安定した入手のし易さではアオシマさんってトコですかね。
ニチモさんはボディは幅が広いことを除けば概ね良好ですけど、内装が上げ底なのとキット自体も手に入り辛くなってきています。


アオシマ KHC130 ローレル 2


ボディカラーは水性ホビーカラー27番ライトブラウン(タン)。
クリアーはいつもの水性ホビーカラー30番。

ホビーサーチ  GSIクレオス H-27 ライトブラウン (タン) (光沢)

Amazon.co.jp 水性ホビーカラー H27 ライトブラン (タン)



主な改造点は
・リアシート撤去、フェンダー小加工
・ロールケージ、マフラー、チンスポイラー制作
・フジミさんの21ソアラからサイドステップ流用
・ホイールをフジミさんのインパルメッシュ(15インチ・前後ともリア用)、タイヤをアオシマさんの改パーツ引っ張りタイヤ(前後とも リア用)に変更

フェンダー加工は薄々攻撃の後にドライバーでグリグリやって、ちょっと叩き出し風にしました。


アオシマ KHC130 ローレル 3


ちなみに、2015年1月にボディカラーを塗り替えています。
以前の状態はこちら↓。


アオシマ KHC130 ローレル レストア前1

アオシマ KHC130 ローレル レストア前2

アオシマ KHC130 ローレル レストア前3


以前はライトブラウンに1番ホワイトを適当にブッ込んで、やや明るめに調色したカラーに謎黒ラインと冷蔵庫貼りステッカー。
インパルメッシュ履いてんのにリネアスポーツのステッカーとか貼ってたりしたんで、そこら辺を剥がして全体的にちょっとシンプルに変更いたしました。
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。