サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

購入キットよもやま話:フジミさんのGX71マークⅡ

Category: 購入キットよもやま話  Tags: キットレビュー  (フジミ)  
フジミGX71マークⅡ レビュー1


今回はこちらをご紹介。 
80年代ハイソカーの最右翼、フジミさんのGX71マークⅡです。

GX71系三兄弟はいずれもフジミさんから実車と同時期の80年代にリリース。
キット構成はハイソカーシリーズやインチアップディスクシリーズ等の汎用板シャーシと、フジミ初となるフルディテールモデルとなるハイメカニズムシリーズに大別され、今回レビューするのはハイメカニズム版を基にした現行インチアップシリーズのキット。
以前はインチアップディスクシリーズでの板シャーシ版が主軸となり、同シリーズで廃版になってからは峠シリーズでの発売が長らく続き、それとは別にハイメカ版がたまーに再販される状況でしたが、2014年にインチアップシリーズに編入された際にハイメカキットがスタンダードとなりました。

ちなみに過去には可変ウイング・エアダムチューニング版とハイメカ版を合わせたような、サーキット/ストリートメカチューン&ターボチューンシリーズなんてのもあり、ウェーバーやインタークーラーがパーツとして付いていたレア版も存在しています。

GX71マークⅡのみに絞っていえば、1/24スケールとしてフジミさんの他にエルエスさんとニチモさんがモデル化。
エルエスさんのは廃業後に金型がマイクロエース(アリイ)さんへと渡り、定期的に再販されています。
ニチモさんのは当時から流通量が少なく、プラモ事業から撤退してしまった現在ではかなりのレアキット。
但しどうやらあまり造型が宜しくないそうで、フジミ・マイクロエースキットがある現状では蒐集家が好むキットという立ち位置に収まってますね。


フジミGX71マークⅡ レビュー2

フジミGX71マークⅡ レビュー3


3社共に所謂猫目の前期型がモデル化。
フジミさんのボディは全長・全幅・ホイールベース等の基本的な寸法においては特に目立った逸脱はない…んですが、顔面があんまり似てないんですよねー…( ´・ω・)

恐らくヘッドライトとグリルがもっとスラントしている感じなのに、やけに立ち上がっちゃってるのが原因なのかなぁ。


フジミGX71マークⅡ レビュー4


箱の横にある完成画像はこんな感じ。


フジミGX71マークⅡ レビュー5

フジミGX71マークⅡ レビュー6


更にハイソカーの代名詞と言われる車種故に売れまくってほぼ途切れることなく生産を行った為か、開口部周りやパーティングラインはかなりしぶとい状態となっております…。


フジミGX71マークⅡ レビュー7


モール多用の凝ったデザインのボディに対しての表面処理となるので、ここら辺も一番難儀するポイントなのではないかと( ´・ω・)


フジミGX71マークⅡ レビュー8


まずは内装系のランナーから見ていきましょうか。

こちらは板シャーシと共通、更には三兄弟においても共通で、車種によって適宜湯止めされています。


フジミGX71マークⅡ レビュー9


バリが凄いですけど、パーツ単体で見ると結構しっかりした造型なのが板シャーシ由来キットの特徴。
ドア内張りやセンターコンソールの細かいモールドが良い感じ。

まぁパーツの合いには全く期待できないんですが。


フジミGX71マークⅡ レビュー10


恒例のダッシュボードチェック。

スジは浅めながらも、こちらも同様に細かいモールドがちゃんと入っています。
頑張って塗装すれば応えてくれそうな雰囲気ですね(´ω`)

ちなみに上の湯止めされてる箇所はチェイサー/クレスタ用のダッシュボードが位置しております。


フジミGX71マークⅡ レビュー11


30代に入って分かる純正エアロの有難み、プライスレス。
こちらも湯止め箇所はクレスタ用のリップとリアスポが位置しています。

下にあるリフレクターは3車種とも不要部品扱い。
子供の頃からの謎パーツの一つですわ。


フジミGX71マークⅡ レビュー12


顔面は一緒の袋にこれだけ転がってますww
チェイサー・クレスタも同じく単体でゴローンと。

リフレクターの形状も実はそんなに似てないっていう。
実車のヘッドライトはもう一個中にレンズがあるような形状なんですよね( ´・ω・)


フジミGX71マークⅡ レビュー13


お次はハイメカ用ランナー、シャーシと足回り関係。

ハイメカと言えども、一応これも共通シャーシなんですよね。
確認した範疇では3種類。
GX71系と同じものは5M-GEU/1G-GEU搭載のMA61/GA61セリカXXとMZ11/GZ10ソアラ。
他は7M-GTEU搭載のMZ21ソアラ/MA70スープラで1種、6M-GEU/1G-GEU搭載のMS125/GS121でもう1種ってな感じ。


フジミGX71マークⅡ レビュー14


現在の金型キットと比べちゃうとそれなりですけど、80年代でこのクオリティ、更にこの後エンスージアストシリーズの開発に繋がる事を考えれば非常に感慨深いものがあり、組み立てれば十分単体でも観賞に耐えられるレベルであるのは一目瞭然。

何より板シャーシと比べて「インナーフェンダーがあるぅぅぅ!!」って事に感涙してしまうのは、もうフジミクオリティ無しには生きていけない躰にされてしまったのでしょう(大げさ)


フジミGX71マークⅡ レビュー15


ハブボルトを介してホイールを装着する実車さながらの設計で有名なキット。
ハブパーツが厚みで3種類用意されていて、今キットでは真ん中の厚みのものを使用するように指示されてます。

またフロントメンバーのパーツを見ていただけるとお分かりかと思いますが、タイロッドが一緒に成型されててステア不能なんですよねwww
エンジンマウント位置でどーしても可動できるようなスペースがなかったのか、いずれにせよ力尽きてますww


フジミGX71マークⅡ レビュー16


お次はエンジン関係のパーツ。

エンジンは単体で飾れるようにもなってまして、右下の台座を組み立て、その上に載せる仕組み。


フジミGX71マークⅡ レビュー17


こんな感じですね。(同じく箱横画像から)


フジミGX71マークⅡ レビュー18


こちらもかなり細かいパーツまで再現されていて、モールドもちゃんと生きてます。

ただエンジンを載せる場合、中心にあるファンは取り付けないでくださいとの事だそうで。


フジミGX71マークⅡ レビュー19


エンジンブロックもミッションケースもカムカバーも良い雰囲気。

但しこちらのミッションケースも搭載時には不要部品。
カムカバーも別ランナーにあるもう一つの方が使用するパーツとなってます。



フジミGX71マークⅡ レビュー20


やけに分厚いラジエターとオイルパン3種。
他車種の別エンジンのパーツも一緒のランナーに纏められて配置してるので、ハイメカ系のランナーは意外と余剰パーツが出るのもお得。

先程のミッションケースなんかも1G-GTEU用は4AGターボ化等の純正流用ミッション強化として使われる場合もあったと思うので、加工前提のジャンクパーツとしては結構使えそうですし、オイルパンもエンジンを載せない場合に上手くフロントメンバーパーツに位置合わせできれば違和感もないですからね。

ちなみに今キットではラジエターは薄い方を使用。
オイルパンも両脇にコブのある、薄い方のラジエターの隣にあるやつを使用します。



フジミGX71マークⅡ レビュー21


ランナー自体は一部湯止めされて他車種にも入ってる場合もありますが、エンジンベイに関してはGX71系専用品。

ワイパーがモールドされちゃってるのがちょっと惜しい。


フジミGX71マークⅡ レビュー22


こちらは恐らくGX71系専用。
カムカバーとかツインターボの補器類系がハイメカ1Gエンジンの中でも特有のものですからね。


フジミGX71マークⅡ レビュー23


続きましてクリアパーツ。

ランナーは板シャーシと同じものですね。


フジミGX71マークⅡ レビュー24


この内側フォグランプと一体でのっぺりしちゃってるところも顔面の似てなさに輪をかけてるんでしょうなぁ…。


フジミGX71マークⅡ レビュー25


ホイールは純正。
15インチでサイズも適正ですね。

タイヤは「PIRELLI CINTURATO P7」。
インチアップシリーズではお馴染みのアレで、前後太さが同じなのでフロント用を4本入れてるのかな。


フジミGX71マークⅡ レビュー26


ガラスのマスキングシールが付いてるのも嬉しいところ。

デカールはハイメカキット専用。
GX71用のホワイトメーターパネルデカールはこれが唯一かと。

ナンバープレートの一連指定番号が3桁なのに「-」があるのはちょっと…ww
ジャンクデカールから番号持ってきて「・」の上から貼れば問題ないと思いますけど。


…あとは説明書が付属して、以上で全パーツ。

ボディのヤレは結構ありますが、そこだけ頑張ればあまり気負わず形にしてみるのも良いかもしれません。
ハイメカキットだとしてもエンジンを必ず作らなければいけないという事も無いですし、板シャーシの上位互換キットとしてシャーシ関連を他に流用してみるのも悪くはないと思います。
逆にタミヤ80スープラから2JZを移植とかも面白いかも…ww

とりあえず私としては以前作った71マークⅡのレストアコンバート用として購入した訳ですが、どうせ似てない顔面を何とかするなら後期化してやろうかなとも企んでいたりしてても、やっぱり如何せん気が乗らない…(;^ω^)
個人的には後期の精悍な顔付きが71マークⅡの第一印象なんですけど、最近では前期の良さもジワジワと噛み締めるようになってきたり。

いずれにせよボディの整形とパーツの合いに手がかかるのは目に見えておるんですが、GX71のパッケージングとしては現存で最良の形となっているこのキット、お値段もお手頃ですし、皆様もお手に取ってはいかがでしょうか。

ホビーサーチ  フジミ トヨタ マークII 2.0 ツインターボ GX71 窓枠マスキングシール付

Amazon.co.jp フジミ模型 1/24 インチアップシリーズ No.176 トヨタ マークII 2.0 ツインターボ GX71 プラモデル ID176


関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。