サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ SXA10G RAV4 制作記 その5

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマRAV4制作記  
アオシマRAV4制作33


進まねーww 
2週間何やってたんだって我ながらに思う訳ですが、余談ながら年を食うと色々とやる事があって時間が割けなくなってきますねぇ…(´・ω・)
創作意欲とイマジネーションは尽きることは無いものの、結局ボトルネックは時間っていうね。
プラモ制作に限って言っても10年前と比べれば加工してる箇所や気を使ってる場所は格段に増えてるんで、期間が長くなっちゃうのはしょうがないんですけど。
…まぁ構想をじっくりと練るのも醍醐味の一つですから、焦らずゆっくりやっていきましょう。

今回は内装のドンガラ制作から。
↑の画像だともう完成しちゃってますが、主にリアシートからラゲッジスペースの底面に0.5㎜厚プラ板を細かく切り出して貼り重ねていく事で凹凸を付けてあります。
以前ヤフオクに掲載されていた画像を参考にしたので、不明瞭な細部考証だったりは自前で適当に辻褄合わせ。
リアゲートは流石に雑過ぎたかな…ww

元々今回は車両の選択含めて雰囲気を探る意味合いもあり、あまり細部は拘らない事にしてカラーも意識的に地味な選択にしてあります。
底面はMr.カラーGXウイノーブラック。
リアゲートは前回と同じくニュートラルグレーにフラットクリヤーを上塗りです。


アオシマRAV4制作34


続きましてはシートの加工。

助手席(画像右)はフジミさんの板シャーシ用の汎用シートを流用しまして、前から気になってた背もたれ部分の長さをヘッドレストを使わずにクッション1個半分ガリガリ削り、逆に足らなくなった全高をプラ材で模したシートレールで調整。

運転席(画像左)はタミヤさんのS13系純正シートをパテ盛りしてフルバケ化。
太腿横のベルトホールはパテを盛る前にコの字型に切り出したプラ端材を接着してガイドにしてあります。

どちらのシートもバスタブ内装側の凸部と幅が合わなかったので、シートレールを制作。
予め凸部を削り取るのを忘れて塗装しちゃっただけなのだ。


アオシマRAV4制作35


裏面の抜けている部分は0.3㎜厚プラ板で蓋をして、助手席ヘッドレストの穴もパテ埋めしておきました( ・ω・)


アオシマRAV4制作36


塗装するとこんな感じ。

座面はフラットブラック。
シートレールはつやありのブラックとして、運転席フルバケのみ背面をシルバーで塗装。
シートベルトはいつものコピー用紙に印刷したのを切り出してGクリヤーで貼り付け。

フルバケ座面の奥まったところは大半の時間を費やしても中々フラットになってくれずに不満の残る整形状態だったのも、つや消し黒に塗装しちゃうと案外目立たないものですねww
棒ヤスリで超地味にゴリゴリ頑張りましたよ( ˘ω˘)


アオシマRAV4制作37


んで、この状態で時間切れ。
シートはまだ置いただけなのね。

ダッシュボードの形状とルームミラーの干渉でロールバーの位置決めに難儀しましたが、とりあえず基本形状は出来ました。
あとは後ろ半分作って塗装して各小物を作って取り付けていけば室内は完成かな。


…ってな感じで、今回はここまで。
次回は封入してホイール取り付け4点接地を狙っていきます。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

09 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。