サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

過去作品:MZ11ソアラ

Category: レストア・過去作品 > フジミ  Tags: 過去作品  トヨタ  フジミ    
フジミ MZ11 ソアラ 1


色々と評判の悪いフジミさんの10ソアラ。
何か色々と手を加えたにもかかわらず、あんまりその効果が出ないっていうのは何とも…。

もっとも今見れば、まだまだ手を加えられる部分はあるんですけどね。 
制作したキットは、フジミさんから発売されている峠シリーズ「ソアラ2800GT」です。
インストには1995年7月との表記。
フジミさんの10ソアラの金型は実車が発売された直後に製作されたものなので、恐らく初期のロットは80年代前半~中盤。
インストの表記は価格改定に伴うものか、もしくは峠シリーズで発売された際の名残ですね。

10ソアラの1/24モデルはフジミさんの他にも、タミヤさんとアオシマさんがモデル化していますが、その中でもフジミさんは一番出来が悪いと言われて久しく、組み立てやすさでいえばタミヤさん、入手のし易さでいえばアオシマさんとフジミさんというところでしょうかね。

3社共に金型は80年代に製作されたものなので、今の目から見ると三者三様・一長一短という感じです。
タミヤさんは現在絶版で入手困難。
また、ヘッドライトハウジングの形状もどこか似ていません。
結局、制作するには総合評価でアオシマさんがイイんじゃないかなと。

さて、問題のフジミさんのキットですが、こちらはお馴染みの板シャーシ。
…いやー、板シャーシとか部品の合いが悪いとか当然あるんですが、何かもう根本的に形状がおかしい。

フロントフェイスが致命的にアウト。
…やけに窄まってね?
しかも全長測ると、実車を1/24化した数値と比べて4㎜も短いし…。

(ヽ'ω`)

もうね、何で自分はコレを購入したんだと、もはや禅問答ですよ。

っていうかこれを購入したのが今から10年ちょっと前。
当時アオシマ・タミヤさん共に絶版状態でフジミさんしか選択肢がなく、小学生の頃に同じこのキットを何個か作ったこともあって「よーし、パパ今の技術でリベンジしちゃうぞーww」なんて意気揚々と購入して、オマケに今時1050円とお手頃だった訳ですよ。

ヘッドライト周りの部品の合いが悪いとか、テールランプの塗り分け指示が間違ってるとか正直どうでもよくなってくるレベルですね。


フジミ MZ11 ソアラ 2


悔しいかな、意外と後ろはマトモ。

ボディカラーは水性ホビーカラー87番メタリックレッド。
こちらを暫く放置してメタリック成分とレッドの染料成分を分離させた後、上澄みのレッド染料をテキトーに捨てて塗っています。
クリアーはいつもの水性ホビーカラー30番を使用。

本塗装とクリアーが同じ水性ホビーカラーなので、クリアー塗装時に本塗装のクリアーレッドが盛大に染み上がってきます。
今作はこれを逆手にとってキャンディ塗装が出来るかどうかを実験していますが…。
結果から言うと、この方法は「ない」ですwww
当たり前のことなんですけど、クリアー塗装時の染み上がりが均一ではないんですよね。
なので、部分ごとに何回も塗装し直す羽目に…。

何故、このキットは苦行を課すのか。
絶望の淵が垣間見えます。

主な改造点は、
・リアシート撤去
・ロールケージ、エアロ、マフラー、ボンネットダクト、インタークーラー、GTウイング制作
・ブレーキディスクをジャンクパーツから調達
・フロントホイールをアオシマさんのデュポンド(17インチ)、リアホイールを同じくアオシマさんのジャンクションスカラー(18インチ)に変更


フジミ MZ11 ソアラ 3


アオシマ版でリベンジ!といきたいところですが、またこの塗装するの面倒だなー…。
つーか、モチベがもう無いです。
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。