サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

パテパテ埋め埋め、塗装もしました

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマAZ-1制作記  タミヤS2000制作記  
アオシマAZ-1制作11


AZ-1、ボディの塗装まで進みました。 
今回はAZ-1の外装のさらなる加工…といきたいところですが、パテを使う部分があったので、まとめて作業するためにまずはS2000のほうから。

自分はNAエンジンを載せている想定の場合、ボンネットダクトは制作していません。

ただ、S2000のF20CはNAのノーマルで約250ps。
NAのままカリッカリにチューニングする場合、ドライサンプ+2.2ℓ化でも300psぐらい。
ドリフトで楽に振り回すにはちょっと足りないかもですし、前後18インチなので今回は2.2ℓ化+ボルトオンターボ…という設定にしました。
というわけでボンネットダクトの作製からスタート。


タミヤS2000制作9


適当にラインを引いて


タミヤS2000制作6


ピンバイス・ニッパー・彫刻刀・ヤスリを使って大穴をあけます。


タミヤS2000制作7


0.5mm厚のプラ板を使ってダクトを作り、穴を埋めていきます。
サイドの寸法を若干ミスりましたwww

この形状だと切り込みを入れて曲げていく方法がメジャーですが、個人的に「換気扇カバー」と呼んでいる↓のようなタイプはもちろん、↑のような形状も一度大穴をあけたほうが作業がしやすいと思います。


タミヤS2000制作8


そしてタミヤさんのエポキシパテをモリモリ。


タミヤS2000制作10


その他の場所にもモリモリ。


タミヤS2000制作11
タミヤS2000制作12


ラックの上にゴローンと転がってるGX51クレスタにも、ドア部分にヒケがあるのでついでにモリモリ。


アオシマ(マイクロエース)GX51クレスタのドアパテ盛り


ここで本来の目的、AZ-1のフロントバンパーのナンバーポケット部分にモリモリ。


アオシマAZ-1制作12


そしてヤスリで成形。
AZ-1以外は来週以降の作業にします。


アオシマAZ-1制作13


付けようか迷ったんですが、ちっちゃなチンスポイラーをプラ板で制作。


アオシマAZ-1制作14


マフラーも以前制作していたストックからサイズを合わせて成形。

その後ボディの本塗装を行いました。
今回使用した塗料は一番上の画像、水性ホビーカラー25番スカイブルーです。

…えーっと、ゴメンナサイ。
埃がつかないようにすぐに乾燥ブース(という名の空き箱)に入れたので画像はありません( ´・ω・`)
しかも似たような色なので、ほとんど変わり映えしてませんww

…全体像は来週ということで今週はここまで。

来週はAZ-1の研ぎ出し・ステッカー制作・小物類の制作と塗装と取り付け、S2000は余裕があれば引き続き加工作業をしていこうと思います。

残暑も非常に厳しいので、皆様体調(特に胃腸)にお気をつけて…。
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

08 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。