サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ TT2サンバートラック 制作記 その1

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマTT2サンバートラック制作記  
アオシマTT2サンバートラック制作1


はい、じゃあ次コレいきまーす。 
今回からは新キット、つい先月レビューしたアオシマさんのサンバートラックを作っていきたいと思いまーす。
…まぁキットレビューでもサンバー続きで既視感バリバリですが、お付き合いいただけるとありがたいです。

キットは何もかもがバラバラで正直何処から手を付けていいのやら未だに迷ってますので、まず説明書の①番から描かれているフレームから見てみましょう。

↑の画像のように表側(完成状態では裏側、地面側と言った方が良いですね)は、ゲート跡と左右方向を繋ぐフレームにあるパーティングラインを処理、そしてフロントメンバー前側のフレーム片方にあるヒケを光硬化パテで埋めるぐらい。

パーティングラインはかなり目立たないので、仮に処理をしなくても恐らく大丈夫でしょう( ・ω・)


アオシマTT2サンバートラック制作2


問題はボディ側、押し出しピン跡の存在。
こういう広い面積のパーツを歪みなく整形させるためには、どうしても万遍なく必要となってしまうのは致し方ないところ。

色々なパーツに隠れて殆ど見えることは無いんですけど、一応気分的に全部埋めておきました。
こちらもフロントメンバー前側のフレーム2ヶ所のみやや深さがあるため、光硬化パテでの処理。
それ以外はいつも使ってるイエサブの0.14㎜厚プラシートを貼り付けてからヤスリで整形しております。

はっきり言って、ここまで神経質に作業しなくても何ら問題は無いですww


アオシマTT2サンバートラック制作3


そしてここからズルズルと脱線。
ボディ関係でも押し出しピン跡を確認すると、キャビン・キャブ背面・ルーフ・荷台のそれぞれ裏側に有るわ有るわww

こっちも全て同様に処理しておきましたが、勿論ここまでする必要はなく、効果的なところとしてキャブ背面の室内側だけでも十分だと思います。

ちなみにピン跡は凸なところと凹なところがありますので、適宜確認しながら消していきます。
キャブ背面は凸が多め。
…合計約80ヶ所、お疲れ様でした( ´З`)


アオシマTT2サンバートラック制作4


更に脱線して、今度は荷台を組んでみる。

殆どがボディ同色指定、ついでに私の場合は筆塗りなんで、ここまで組んじゃっても塗装にはほぼ問題なし。
テールランプは他が組み上がった後、最後の外装関係で手を付けていこうかなーと。

あ、後アオリ・側アオリ・フェンダーの裏側にも押し出しピン跡がありましたので追加で処理しておりますwww
フェンダー裏はタイヤで隠れると思いますから、放置でも構わないかと。


アオシマTT2サンバートラック制作5


んで、どうせなので塗装してみる。

今回のボディカラーは旧Mr.カラー8番シルバー。
様子見塗りな感じでちょいちょいミスしてる場所があるんで、今後修正を入れつつシャーシと接着する前に裏側だけでもクリアーを塗っとかないとですね( ・ω・)


アオシマTT2サンバートラック制作6


ちなみにシャーシを置いて裏側から見ると、こんな感じ。
シャーシのピン後処理が如何に無意味かが分かります。

もう自己満足以外の何物でもないですな。


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回は足回り・エンジン・駆動系のパーツ整形と出来れば塗装まで。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

10 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。