サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

購入キットよもやま話:フジミさんのSR311フェアレディ2000

Category: 購入キットよもやま話  Tags: キットレビュー  (フジミ)  
フジミSR311フェアレディ2000 レビュー1


今から48年前のお車でござんす。 
今回ご紹介するのはフジミさんのフェアレディ2000。
SR311自体は後期に位置するので、非Zにおける2代目S310系フェアレディ全体だと初期のものはもう半世紀を経てることに改めて驚かされます。

SP310から第1回日本グランプリに出走していた、スカイラインと並ぶ日産モータースポーツの礎とも言える名車。
モデル化に至っては1/24ではこのフジミ製の他にニチモ・コグレ(小暮模型)が存在し、1/32ではマイクロエース製が有名ですかね。
フジミさんとニチモさんはSR311の2000としてキット化、コグレさんはSP311の1600をキット化しています。

今回のフジミさんのこのキット、元の金型は日東科学製。
日東科学さんは日本プラモデル黎明期から創業し、精密なキット構成と金型技術で数ある名キットをに世に送り出したものの、80年代に自社倉庫が火災に遭い大半の金型を焼失し、85年に廃業。
残ったカーモデルの金型は他社へと受け継がれていき、90年代半ばに会社は再建され現在に至る訳ですが、再建後はプラモデル事業からは撤退。

SR311の金型は廃業後に一旦童友社さんへと移り再販、更にその後フジミさんへと移動して定期的に再販されており、同社トヨタS800・ホンダS800・初代ゴルフ・アウトビアンキA122アバルトも同様の経緯を経て現在フジミ製品としてラインアップされています。

日東科学さんと言えば実車同様にステア可能・FF機構のモーターライズ設計キット(初代ミラ等)を世に送り出したり、1/24ワンボックスシリーズ等、現在から見ても独創的な車種とキッチリとしたキットが多かっただけに金型が消失してしまったのは非常に残念でなりません。
フジミさんへと移った金型以外は、動向からして本当に失われてしまったんでしょうね( ´・ω・)
個人的には910ブルとか初代アルト・ミラにギャランGTOなんかはとても悔やまれます。

ちなみにコグレ(小暮模型)さんの方はスロットカーブーム終焉後、こちらも1960年代後半にひっそりと姿を消し、その金型はバンダイさんへと移管。
バンザイマーク以前の極初期バンダイ製プラモデルとして再販された後、その全ての金型を破棄したそうです。
バンダイさんに金型が移った後、フェアレディ1600はグリルの改修を受けてSR311の2000として再販されたという情報もあるのですが、検索では現物が確認できず…。
そもそもバンザイマーク以前のものは全体的に流通量も少なくレア度が高いので中々出てこないでやんすよ( ´・ω・)
また後々思い立ったら検索しなおしてみようと思います。


ニチモさんも長らく簡素なパッケージで定期的に少量再販していたものの、2013年にプラモデル事業から撤退。
金型の行方も現在は不明となり、現在は再販も行われていません。

結局S310系を現在でも容易に手に入れられるのは1/24ではこのフジミキット、1/32ではマイクロエースさんだけとなっています。
今キットはリアルスポーツカーシリーズから昨年インチアップシリーズへと組み込まれた再販品でございます。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー2

フジミSR311フェアレディ2000 レビュー3



実車は年月を経た旧車であるSR311ですが金型自体は日東科学末期の1980年代のモノらしく、若干の経年変化はありますけど全体的な印象は予想以上にパリッとしてます。
ボディ寸法もデフォルメなしで実直な設計が窺えます。

廃業直前にはメッキパーツランナー以外は全てクリアパーツという通称「クリスタルキット」なる鬼畜極まりない ものもバリエーションとして存在。
ちなみに日東科学さんでのS310系フェアレディはこれが最初ではなく、1960年代スロットカーブーム時に1/22・1/32でSP310の1600がそれぞれ別金型で作製され、キットが販売されていました。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー4


ちょっと画像では分かり辛いですが、パーティングラインはフロントからショルダーラインを通ってAピラーを経て窓枠の縁を通り、リアフェンダーからまたショルダーラインへと通るように配置されています。

デカールではエンブレムの一切を再現されてはいないので、モールドを生かすとなれば処理時にちょっと注意しなければならない位置に来ていますね。
各種オーナメントがあちこちに配され抑揚強めなボディデザインですから、逆にここに通していただくのが最善だと思われます。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー5


キットではU20エンジンが再現されているため、ボンネットは切り込みが入っています。

ボンネット開閉に関してはヒンジやダンパーが再現されてる訳ではなく、固定用差し込みストッパーを裏に取り付けてたまにエンジンを見たい時に外してニヤニヤする程度。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー6


エンジン構成は半上げ底みたいな形状。

モールドやパーツは素組みでも映えそうな構成となっていて、これをベースにプラグコード等のディテール追加なんかも楽しめそうですね( ・ω・)


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー7


シャーシは室内フロアと共通させるような形状。
後ろ半分にはシボ加工がされています。
センタートンネルに押し出しピン跡がかかっちゃってるのがちょいと残念。

タイヤは「PIRELLI CINTURATO P7」。
近年でも他車種新金型キットに流用されてるアレです。
サイズ表記は215/50 VR15。
15インチ表記ですけど大体は14インチに使われてます。



フジミSR311フェアレディ2000 レビュー8


裏側のモールドもしっかりしていて好印象。
チッピング塗装再現として全体にシボ加工がされていますね。

足回りや駆動系は全て別パーツ化。
パーツ構成的には何気にタミヤさんに迫らんとすフルディティールな感じ。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー9


各ランナーを見ていきます。
まずはAランナー。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー10


メータパネルなどは繊細なモールドで、作業性としては決して良くないですが一応塗装での再現は可能っぽい。
きちんと目視で判別可能なレベルです。

ここは自作デカールなりを制作して貼り付けちゃった方が手っ取り早そうですね。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー11


経年変化によるモールドの潰れ等はほぼ見られず、シートモールドもちゃんと刻まれていますね。

素材の柔らかそうな質感も出ているのが良さげっす。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー12


ドア内張りは別体となり、ボディ裏側に接着するタイプ。

こちらにも全体にシボ加工がされています。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー13


内装はこんな感じで、2点式シートベルトのバックルパーツも用意されています。
ベルト自体は寸法の記載のみで、素材は自分で用意することになりますが。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー14


キットはハードトップ・ソフトトップの選択が可能で、ハードトップを外した状態も数に入れれば4タイプが選べます。
画像はソフトトップ開・閉時のパーツ。

質感の再現も良い感じ。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー15


ランナーの種類は同じAランナーでも、こっちは足回り中心の構成として別に分けられています。
というか、成型時は多分繋がっていて箱のサイズに合わせて分割したのかな。

足回りも組み立てのしやすさが考慮されつつも、ディテールは結構細かいです。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー16


メッキのCランナー。
エンジン関係とか駆動系とか。

パーツ構成からして、ここは正直メッキじゃなくてもそんなに問題なかったような…ww


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー17


前後しちゃいますけどメッキその2なBランナー。

主に外装関係ですね。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー18


ホイールは14インチ。
実車も14インチですから適正サイズです。

その上にあるフロント用ディスクブレーキはモールドも潰れることなく良い雰囲気ですが、リアドラム含め前後ブレーキパーツは悲しいかな不要部品なんですよね

パーツがある以上、日東科学時代は前後共に勿論必要パーツでしたが、フジミから発売される際にポリキャップに合わせる為にホイール裏側のボスを改修変更したようです。
実際ディスクブレーキ中央の穴の径とボス径は全く大きさが異なります(ボス径の方がデカい)。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー19


こちらはフジミ発売時にヒストリックレーシングカーシリーズでのレース仕様を展開する際に加えられたDランナー。
今キットではハードトップとフロント用車軸ピンを使用するのみで、その他はおまけパーツ扱いとなります。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー20


説明書には記載すらされていないもう一種類のホイールは14インチサイズ。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー21


クリアパーツ。

リア灯火類はメッキに着色する指示となり、クリアパーツはありません。
リアガラス(画像左)はソフトトップ用。


フジミSR311フェアレディ2000 レビュー22


んで、こっちがハードトップ用ガラス。

先述したようにデカールはナンバープレートのみ。
やはりエンブレムの作製方法がこのキットではネックとなりそうですね。


……以上で全パーツです。

全体的な作りは元々の企画が80年代であったことを考量しても中々の良キットだと思われ、他社がまだディスプレイモデルへの移行に伴い苦戦している中、早くから質の高いディスプレイ専用モデルを送り出した日東科学の技術力の片鱗を感じ取ることができます。
バリなどの処理を丁寧にしてあげれば、パリッとした完成形になってくれることでしょうね( ・ω・)

個人的には、以前SPEEDHUNTERSに掲載されていたS15のSR20DETに載せ替えられたSR311を見た時にビビッときて、タイミング良くこの再販があったために購入…ってな感じ。
現在持っているキットの中では一番の旧車ではありますが、20年前に一度制作していましてそのリベンジも兼ねて、いずれバリッと仕上げてみたいなーと思っております。

ホビーサーチ  フジミ ニッサン フェアレディ SR311

Amazon.co.jp 1/24 インチアップシリーズNo.108 ニッサン フェアレディ SR311


関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
ニチモ製SR311を持っています、現在再生産しているフジミと並べたくなりますね~
ニチモはモーターライズとディスプレイが選択できる仕様のようです。
フジミ製は競技仕様にもできるのが大きいですね。
 
>黒幕ぬぽ 様

ニチモさんのも甲乙付け難いですよね。
モーターライズの形もとってあるものの内装等の形状に影響ないように設計されていて、あちらも細部のモールドは非常に良いと聞いております。

ここまで旧車だと、キットの出来が良くなくても妥協せざるを得ないなんてこともままある中で、モデルに恵まれたクルマだと思いますね。

« »

10 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。