サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ YN100ハイラックス制作記 その1

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマ80ハイラックス制作記  
アオシマ80ハイラックス制作1


新たに開梱。 
さて、長かったR31スカイラインも終了し、今回からは新キットの制作といきましょーかー。

積みの中からゴソゴソ選んだのは、アオシマさんのシングルキャブ&ショートボディのハイラックス。
この選定が明暗を分けると思うと真剣です。
これでまた手のかかるキットを選んでしまうと爆散しますんで。


うーん…エアロも作る必要もほぼ無いし、チャネリング済みのボディにロールバーをチョチョイと組めば手軽に完成しそーな気がしないでも…。


……
うむ、コレに決定(めちゃめちゃ軽易)

前作の加工に困憊ですからね( ・ω・)
まずは内容確認から↓。


アオシマ80ハイラックス制作2


バリエーションの構成上、ものの見事にボディがバラバラ&赤成型。
今回はいつものような組み立てではなく、考えて順序立てていかないとダメそうですね。


アオシマ80ハイラックス制作3


加えて足回りはABSパーツ。
通常のように接着・塗装は厳禁。

ギミックで車高は自在に動かせますが、ホイールの変更とトレッド調整、この2つが上手く出来るかどうかも今回の肝となりそうです。


アオシマ80ハイラックス制作4


そして今回選んだホイールは、前回のR31スカイラインキットの余り物。
SSRの16インチ(銘柄はグーグル先生に聞いても分からず…)。

コレにMr.メタルプライマーを塗り、水性ホビーカラー4番イエローをディスク面に。
タイヤはいつものゴム板加工を組み合わせます。


アオシマ80ハイラックス制作5


そして何はともあれ、ボディを載せれるようにしないとってことでフレームを見たら、側面に盛大なヒケ。
更にねじれも生じてます。

裏側なんてめったに見ないからって流石にコレは…(;・∀・)


アオシマ80ハイラックス制作6


つー訳で、折らないように手でグイグイ曲げてねじれを修正し、ヒケ部分に光硬化パテをヌリヌリして整形後に旧Mr.カラー8番シルバーを塗装。
ちなみにインストではブラックの指示でした。

更にこの上にクリアイエローでも塗っとこうかとも考えましたが中止。
フレームだけ派手派手つーのもアレで、後々のカラーの組み合わせを考えて。
整形跡も目立ちやすくもなり、何よりミッションとの塗り分けが面倒臭いですからww

…と、こんな感じで今回はココまで。
次回はちょっと思い付いたことがありまして、荷台の方を先に手を付けていきます。

それでは次回もお楽しみにー( ・∀・)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

10 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。