サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ YN100ハイラックス制作記 その6

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマ80ハイラックス制作記  
アオシマ80ハイラックス制作37


ここら辺は通常作業。 
今回はボンネットダクトとインタークーラーです。
制作当初、コレからやろうと思うも随分と脱線してしまいました…(つД`)

まず表面を1000番の紙やすりで軽く荒らしてから、基点となる線を描きます。
大体ボンネットの後端からプレスラインに沿って測り、ダクト後端側はそれを元にフリーハンドで点と点を繋いでいく感じですね。


アオシマ80ハイラックス制作38


次にピンバイスで線の内側にズラッと穴を開けて、穴と穴をニッパーで繋げて切り取った後、更にニッパーで線の近くまで攻めていきます。
一度に大きく切り取ろうとするとヒビが入るので程々に。

最後は彫刻刀などを使って整形。
後端側がグズグズしてますが、ココは最後にパテを入れるのであまりキッチリしてなくても大丈夫かと( ・ω・)

余談ですが今回ピンバイスのドリル刃を新たに購入しまして、これがまた穴の開けやすいことwww
今まで(と言うか、現在も使ってますけど)ピンバイスに付属していたドリル刃を使っていて、必要に応じて異なる径のものを導入してみたんですが、切削感というか穴の開くスピードが全然違うんですね。

多くの穴を開ける場合に若干面倒さを感じている方は一度交換をオススメします。
まードリル刃自体、頻度が高ければ消耗品の部類ですから、折れないからってケチって何年も使ってる自分が悪いんですけども(´ω`)

あ、ダクト前端はうすうす攻撃を施してありますよ。


アオシマ80ハイラックス制作39


あとは左右サイドにエバーグリーンさんの1.0×2.0㎜プラ棒を裏側から接着して、サイズに切り出した0.5㎜厚プラ板を接着。
後端裏側にプラシートを貼り付けてから光硬化パテで表面を処理して完成。


アオシマ80ハイラックス制作40


そしてヘッドライトを取り付けてから裏側・シャーシ側のエンジンルームをつや消しブラックで塗装。
ちなみにシャーシ側、エンジンルームとキャビンの足元との間にプラ板で隔壁を追加しております。

…ワイパー穴を開けるのを忘れていたので急遽作業。


アオシマ80ハイラックス制作41


お次はインタークーラー…ってもう出来上がってますが。

ここら辺も特に目新しいことは無いでしょう( ・ω・)
エバーグリーンさんのメタルサイディングに左右プラ板くっつけて、同じく1.0×2.0㎜プラ棒で厚みを出しつつ曲線はプラシートで補い、タミヤさんの3㎜ソフトプラ棒を曲げて接着しーの塗装しーの貼り付けーので完成。

シリコンホース接続部が変なトコにあるのは無かった事に…なりませんね。
あ、あと、バンパー取り付けのダボ穴片方に何か詰まってるのも気にしないでくださいwww
仮組みしたらキッツキツでコジって取ろうとしたらモゲやがったぜ…。


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回は内装ですね。
現在鋭意制作中ですが、なかなか手がかかっておりましてダイジェスト版の予感…。

それでは次回もお楽しみにー( ・∀・)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

11 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。