サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ TT2サンバートラック 制作記 その4

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマTT2サンバートラック制作記  
アオシマTT2サンバートラック制作22


キャブの各パーツ摺り合せ。 
今回はこのキットの鬼門と言われているキャビンのパーツ合いについて、仮組みして確認していきます。
まずはキャブ底面から。

↑は押し出しピン跡を消した以前の状態に、センターコンソールの裏側の抜けを0.14㎜厚プラシートで塞ぎ、タイヤハウスとなる部分の厚みに彫刻刀でうすうす攻撃を加えた状態。
更にボディ側のフェンダーも併せてうすうす加工しております。

前後のフェンダーアーチ高さはほぼ一緒で、いつもみたいにフェンダーに若干タイヤをめり込ませるような車高にはならないと思いますけど、一応マージン確保のため加工。
画像ではフェンダーと比べて2㎜位のマージンが出来上がってますが、これは撮影の際にこの底面を支えるドア内張りパーツのマスキング固定がズレたためで、実際は0.5㎜位の極々僅かな差です( ・ω・)

ボディ側のフェンダーうすうす攻撃も今回はやや甘めに、完成時の見た目を良くする程度にしてあります。
キットそのままだとそこそこ厚く、こういうところをきっちりやっておくと見栄えも良くなるかなーと思います。

ピン後処理と比べてぞんざいな加工になっちゃってますけど、まぁ自己満足ですから…(;^ω^)
気が向いたら彫刻刀の彫り跡ぐらいは後で軽く均しておこうかな。


アオシマTT2サンバートラック制作23


お次はバンパーとヘッドライトリフレクター。

バンパーはそのままだと合いが悪いので、まず取り付け穴をピンバイスで広げてからパンパー両端を指で慎重にグイッと内側へと曲げます。
そして画像1の部分、こちら側のみの裏側を軽く彫刻刀で削り、バンパーを接着。
表側もプレスラインが不明瞭になっていましたので、こちらも整形。

接着が固定できたら2の部分。
内側に曲げた分ボディの方がやや出っ張る形となったので、ヤスリをかけて面一に。
3の箇所も合わない面をヤスリがけで面一に整形しておきます。

サイドのプレスラインもボディ側にはうっすら抑揚があるものの、パンバー側面はのっぺらぼう。
そこで4の部分、ボディの凹部に合わせてマスキングテープを貼り、プレスラインを前に伸ばすようにヤスリで整形してあります。

2~4は反対側にも施してありますよ( ・ω・)

リフレクターは左右を繋ぐ棒を切断して、それぞれ接着。
元々キツめに作られていてパコッと嵌まる感じなので、横と下の部分での接着でも十分保持してくれます。
完全に固着する前にボンネット(リアエンジンなのでここをボンネットと言っていいのか憚られますが)を仮合わせして、位置を出しておいた方がいいですね。


アオシマTT2サンバートラック制作24


スジ彫りはドアと給油口をエッチングソーで軽くなぞって、周辺部にヤスリをかけて面出し。
また窓枠周りも矢印の部分、塗装のしやすさと見た目を考えてエッチングソーでスジ彫りを追加しておきました。

全体的にスジ彫りはかなり浅く、線が引いているラインなんかは特に手を入れておいた方が良さそうです。


アオシマTT2サンバートラック制作25


そしてボンネット。
「あぁー省略されてるウォッシャーノズル作んないとなー…」と思ってたら、あるじゃーん( ゚∀゚)!!

どうやら初版を発売後に金型を弄ったようで、現在制作している2版目以降からはあるっぽい。
画像では接着後に面とラインを出していますが、ガリガリゴリゴリ削りまくったって訳でもなく、そのままでもほぼラインが出ていることからここの合いも改善されたっぽいです。


アオシマTT2サンバートラック制作26


お次はルーフを接着。

画像の5番箇所、ここは実車にはない継ぎ目なので、接着後に光硬化パテで埋めてあります。
なんか埋まってないように見えますけど、実物はちゃんと処理してありますよww
特に後ろ側はルーフ側が出っ張るので、先に面とラインを出しておいた方がいいと思います。

6番の箇所も本来埋めるべきなのですが、すぐ脇に窓枠とスジ彫りが通る際どい部分なので、軽く面を出す程度に留めておきました。


アオシマTT2サンバートラック制作27


ちなみにルーフ後方の面を出す際にはグワングワンたわむので、あらかじめ裏にプラシートで補強を入れておきました。(画像7)
キャビン裏のパネルが接着するところですから、補強の厚みは程々に( ・ω・)

フロントガラスはそのままだと若干ルーフ側中心に隙間が出現。
最初はガラスの角を軽く欠いて合わせてみたけど、変化なし。
よくよく見るとボディにパーティングラインっぽい出っ張りがあるので、ここを削ればピッタリ嵌まります。(画像8)


アオシマTT2サンバートラック制作28


制作されているモデラーの方々が入らないと仰っていたサイドガラスも、合わせてみるとあらピッタリ。
リアガラスも同様にそのままでも問題ありませんでした。

こちらもどうやら金型を調整したみたい。
購入するなら初版以降の方が良いですね。


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回は内装でございます。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

10 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。