サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

タミヤ RS13 180SX改シルエイティ 制作記 その2

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: タミヤ180SX改シルエイティ制作記  
タミヤ180SX改シルエイティ制作7


だらだらやっております。 
傍目から見ると「何かコイツ作業すげーおせーなww」と確実に思われているであろう、このペース。
実際遅いです。
しかもクオリティはお察しレベル( ˘ω˘)
何故に皆様はあんなに早く綺麗に纏められるのか、最近マジで分からなくなってきている私でございます。
模型誌や店頭での作例を見る度にモチベ上昇より絶望感を背負って帰ってくることが多いのは、最早そういうプレイの一環なのかと頭オカシイことすら考える始末。
ただ、プロの方の締切に追われる姿を見ると本当に大変だなとも思ったり。
時間の猶予があるからこそ実験的な事を好きなだけブチ込める私はそういう形で満足すると共に、既にベクトルを違う方向に向けていってしまってるのかもしれません。


とりあえず今回はホイールから。
選んだのはフジミさんのSSRフォーミュラメッシュとインパルメッシュ。
SSRメッシュはリア用のリム深めのやつ、インパルメッシュはフロント用ですね。

どちらもジャンクで、裏のボス部分は折られてるわ、メッシュの穴は接着剤で半分埋まってるわのボロボロなコイツをきっちり再生します。
4本銘柄を揃えなかったのはSSRがこの2本しかなかったからってのは内緒。

ちなみにフォーミュラメッシュとインパルメッシュ、実物も瓜二つでパッと見ほぼ見分けがつかず、リム形状が微妙に異なるか、センターキャップとナットを外した時に穴に段差があるかないかぐらいかなのですが、1/24スケールでもほぼ見分けがつかないっすね…ww

一応↑の画像にもあるように、1/24ではセンター部までメッシュの彫刻が入っているのがSSR…っていうのが一番見分けがつきやすいところでしょうか。
またインパルメッシュの方がメッシュのスポークがリムまで伸びてたり、センターキャップの形状もインパルの方がのっぺりしていたりと、よくよく見ると細部が微妙に異なることが分かります( ・ω・)
あ、現在「ボルクメッシュ」の名前で販売されていたSSRメッシュはパッケージに14インチの表記がありましたが、実際は15インチ。
というか、ボルクメッシュだと寧ろ今回のインパルメッシュの方がまだ形状が近いと思うんですが、気にしたら負けですかそうですか(;^ω^)



タミヤ180SX改シルエイティ制作8


んで、まずは埋まっているメッシュの穴を裏側から彫刻刀で彫り込んで再生。
タミヤさんの足回りへの干渉を防ぐため、前後とも幅を9㎜にカットして詰め。

インパルメッシュはメッキを漂白剤で落として、4本共にMr.カラー8番シルバーで塗った後にディスクをガイアカラーEX-ホワイト、ナットをタミヤカラーX-4ブルー、センターキャップにブラックを入れてこんな感じに。

タイヤはいつもの2㎜ゴム板から制作しました。


タミヤ180SX改シルエイティ制作9


そしてお次は何となく気になったマフラーを作製。

タミヤさんの3㎜ソフトプラ棒をベースにテールエンドはヤクルトに付属するストローでデュアル化。
ストローとプラ棒の接続部はパテでそれっぽく整形。
二股に分かれる場所は、切った後にプラ板接着したり接着剤を流し込んだりして適当に誤魔化してますww


タミヤ180SX改シルエイティ制作10


あと、ちょっと細かいところで気になったのが、シルエイティ化によって全長が短縮されたせいかシャーシのハメ込みがややキツくなっていたので、画像のようにリア側のフレームの出っ張りを切除いたしました。

ワンビアの方は逆にブカブカしていたので、後々こちらも何らかの対処をしておきますね( ・ω・)


タミヤ180SX改シルエイティ制作11


ボディの方はというと、ボンネットダクトを作ってから接合部をパテ埋め。
一応、ダクト形状も微妙に差別化。

こちらは来週にボディ全体を含めた処理後をお見せできればと。


タミヤ180SX改シルエイティ制作12


裏はこんな感じ。
接合部は先週の状態からもう一枚上にプラシートを貼り付けておきました。

あ、そうそう。
寸法に関して全く言及してませんでしたが、ウィキペディア先生によると「シルエイティ化すると全長が4㎝ほど短くなる」とのことで、こちらを参考にしますとシルエイティ・ワンビアそれぞれの全長が4500㎜・4510㎜となって、1/24化により187.5㎜・187.9㎜となります。
ニコイチした実物を測ってみると、シルエイティ:186.5㎜ ワンビア:188.0㎜ となって、シルエイティが約1.0㎜短いだけで二者共に大きな誤差はありませんでした。
左右上下水平もほぼ出でいるようなので、とりあえずニコイチ化成功という感じでしょうか。


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回はボディ整形からですかね。
パッと見、まだまだ弄らなきゃいけないところが多々あるなぁっていう状況です。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
自分は早いって言われるけど、目立たないとこ塗りわけガン無視艶消し黒スプレーな人間なので早くて当たり前ですw
大規模工事もあまりやりませんし、作り込みしてたら積み消化も進まないし、
その点、さんさんろく氏は改造途中で失踪しないのがすごいですw
 
>ドテチン 様

昔に比べたら時間はそこそこあるのに年の完成数が減ってたりするのを、定期的に何でかなーって思ったりするんです。
恐らく作業量が増えたりブログの記事書いたりで、その分昔よりも色んなことやってるからなんでしょうけどね。

元々中途半端にしておくとモヤモヤする性分で、切った貼ったしてるのが好きなのもあってその時は飽きずに作業できるんですけど、寧ろ苦手な塗装は基本モチベだだ下がりですよww
 
次の更新から完成記事1本、製作記事1本の2本立てにする予定なんですが、
作業中断して写真取るのが地味に大変ですね^^;
モチベ高いうちに一気に進めたいのが止まるのでw
 
>ドテチン 様

ですですww
伝えたいポイント・作業の要所・アングルなんかを途中に考えながら機材と場所用意して…ってな感じで、結構大変なんですよね。

自分は進捗具合も遅いので、一週間の作業予想から逆算してココとココは撮っておこうかなーみたいに、撮影自体はもう作業の一環だと思ってやってます。
たまにミスった時にはそれはそれでネタが増えて「やったぜ。」と思いつつも、直後は撮る余裕もあまりなかったりしてますけどww

« »

10 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。