サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

タミヤ RS13 180SX改シルエイティ 制作記 その5

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: タミヤ180SX改シルエイティ制作記  
タミヤ180SX改シルエイティ制作22


細かい加工などを少しずつ。 
色々忙しくてたまに「頭がフットーしそうだよぉっっ」ってなってますが、至って元気です。
そんな時もプラモ作業してると自然と落ち着いて考えを纏める事が出来るんですよね(;^ω^)

そういう時は料理がストレス軽減になると聞いたことがありますが、献立や手際良く作業できるように順序立てを考えたりすることで頭の中が整理されていくそうな。
短い時間で結果が出るので達成感もあり、何より美味しいものを食べることでの効果が一番デカいと思いますが。

そう考えると料理とプラモって工程を組み立てたり、どんなものにするか発案する点で何となく似てるなーと。
モヤモヤしてる時にまた別の事をやると疲れちゃうんじゃないかって思いがちですが、意外とそういうものでもないんですね。
めっちゃ時間かかるから達成感は料理ほど得られないけど。

さて、今回はシャーシの小加工。
まず↑の画像は特に弄らずに仮組みしてみたもの。

よーく見ると、フレームよりもフロントメンバーやらアンダーカバーやらの方が低い位置にあるんですよね。
17インチや18インチだったら恐らく大丈夫ですけど、今回は15インチにうすうすタイヤの組み合わせ。
もう既にこのままだと亀になることは確認しているので、せめてフレームと同じくらい、もしくは上に持っていきたいところ。


タミヤ180SX改シルエイティ制作23


んで、加工するとこーなる。

思ったよりも上げることが出来ました。
やったぜ( `・ω・´)


タミヤ180SX改シルエイティ制作24


ついでに切れ角UP加工もしておきました。
タイヤがフェンダー内部に当たるんで、完成後はこれほど切れないと思います( ´・ω・)


タミヤ180SX改シルエイティ制作25


実際はサスパーツとタイロッドは加工することなく、メンバーのみの加工。
サスペンション用のダボ穴をピンバイスで拡張し、全体の高さを低くして根元まで入るようにしてあげて、アンダーカバーのモールドを一部除去…ってな感じです。

タイロッドは切れ角UPのために前後逆組み。


タミヤ180SX改シルエイティ制作26


裏側の位置決めダボ近辺を中心に、まずは前側と面一になるように〇で囲った辺りをガリゴリと削り取り、そのあと後ろ側のダボのところを前側と高さを合わせるような感じにすれば割とすんなり上手くいきます( ・ω・)

そして接着面確保と位置を出せるように、元・後ろダボのサイドのところにプラ板を貼り付け。
またタイロッドの干渉を防ぐために、メンバー後端中心にある2枚の板を一度切り離し、半分ぐらいの薄さにして下側にオフセットさせて再接着。
これでブーツ部分との干渉が避けられ、先のタイロッド逆組みと合わせて切れ角がアップするわけです。


タミヤ180SX改シルエイティ制作27


今度はリア。
こっちは上げるのではなく、元々のガタを修正。

矢印で指してある2ヶ所のダボの長さを短縮させて、〇で囲ってある2ヶ所のモールドをやや削りましたが、ガタの主原因は後者の方っぽい。
ダボ短縮はしなくてもよかったかも…(;^ω^)


タミヤ180SX改シルエイティ制作28


あとはフロントメンバー加工で不要になったダボ穴を前側のみプラシートで塞ぎ、純正マフラー取り付け用ダボを切り取って、助手席下部辺りで途切れているメンバーを繋いでおきました。

メンバーは実車も純正状態では何故か片側だけ途切れてるんですよね。
ここは個人的な好みでシルビア系は基本繋ぐようにしてますww


タミヤ180SX改シルエイティ制作29


あ、気分転換にナンバープレートも作製しておきました。
何気に当時ナンバーっぽく。

シャーシ関連ではあとはインタークーラーを作って、リアメンバーのホイール取り付け用の凸部を削って各パーツの整形をしておけば塗装に入れますね( ・ω・)


…と、こんな感じで今回はココまで。
次回もシャーシ。
出来れば組み付けまでやりたいけど…多分無理ww

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

11 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。