サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

購入キットよもやま話:アオシマさんのF31レパード後期

Category: 購入キットよもやま話  Tags: キットレビュー  (アオシマ)  
アオシマF31レパード後期 レビュー1


地味に古いっす。 
今回ご紹介するキットはこちら。
アオシマさんのF31レパード後期でございます。

初代がタミヤさん(2017年時絶版)、2代目・3代目がアオシマさん(2017年時シリーズ再編中)、4代目は1/24プラモ無し(2017年時)と、トヨタソアラと競いながらどちらも時代の波に飲まれ、そのソアラに対しても販売戦略的には後手に回りながら迷走し続けた歴代レパード。
ちなみにソアラも3代目まではモデル化されたものの4代目はSUPER GTのSC430のみで市販車無しっていうところが物悲しいところでござんすな。
実車4代目に至っては販売台数が逆転し、レパード約12,000台に対しソアラは約5,400台。
但しレパードはセドグロの兄弟車として4ドアでのパッケージングであり、要は年次経済状況と高級スポーツクーペ需要が密接にリンクしているのが如実に分かる2車種なのでありんす。


その割には3代目までモデル化に恵まれ、後年「あぶない刑事」により更に人気を得たのもあって以前から要望の多かったF31前期型も2009年に発売。
この前期キットは後期の金型を一部使用して発売され……といっても、流用したのはシャーシ関連のみであり、内装・ボディは丸々新規金型。
新しい車種を出しましたよーってな位の内容なんですよね(;^ω^)

2代目レパードはアオシマさんが唯一キット化し、元々は後期型が1990年にリリース。
ニュートレンドシリーズ・Sパケシリーズ・ヤンキーレーシング熱血編、またその間にもあぶ刑事仕様などの様々なパッケージ変更を経て、今回ご紹介するのは前期が2009年にリリースされる直前、一部新規パーツが追加されたプチリニューアル版でございます。

あ、初代タミヤTR-Xもキットレビューを、3代目レパードJ.フェリーは過去に制作しておりますので、こちらもよろしければどうぞー( ・A・)
購入キットよもやま話:タミヤさんのレパードTR-X
完成品:JPY32レパードJ.フェリー


購入は2016年。
たまーに訪れる大和の個人模型店さんで。
2008年の発売時に店頭に並んでいたのは確認していましたが、そのまま8年間売れず残ったまんまだったので手に入れときましたww


アオシマF31レパード後期 レビュー2

アオシマF31レパード後期 レビュー3


ボディの状態は90年代の標準的な感じ。
ドアとリアバンパーに軽いヒケありで、パーティングラインは当時としては目立ちにくいところに入ってると思います。

寸法は全幅+1.5㎜、ホイールベース適正、全長-1.0㎜と絶望的なディメンションの崩れは無いですね。
全長はフロントのナンバープレートを付けると厚みでちょっと伸びるので、ほぼ適正なのかな。

フロントバンパーのウインカーはクリアパーツ無しのモールド表現。
バンパーダクトは裏側にシャーシの受けがあるため開口はされておらず、逆にサンルーフは開口済み。
本製品からサンルーフ・サンルーフバイザーパーツが追加され、出荷段階でルーフは開いています。
これより以前のロットには開口無し。


アオシマF31レパード後期 レビュー4


画像だと見えにくいですけど、難点なのがテールランプ下のモールモールドにおいてのパーティングライン。
結構段差が付いちゃってるうえに細さも変わっちゃったりしてるので、ここら辺をパキッと処理できると完成後の出来が一味違ってくるかと思います。

…思い切って全部一回削り取っちゃって0.3㎜厚プラ板から極細短冊を作って貼り付けちゃうってのもありかも。


アオシマF31レパード後期 レビュー5


シャーシは前時代的な構成。

実はこれ、元々は同社のDR30スカイライン前期(現在は西部警察マシンRSへと金型改修)を始祖とする準汎用シャーシの流用品。
現状リアタイヤハウスの穴は塞がれてますが、過去にはモーターライズだったんですよねー。

F31レパード前期後期・西部警察マシンRSの他にも、DR30スカイライン後期・R32スカイライン(GT-R・4ドア)・C33ローレル・A31セフィーロ等に使われてます。


アオシマF31レパード後期 レビュー6


したがって関連する足回り系ランナーも汎用品でござんす。

再現度はともかく、制作する際には寧ろこれぐらいの方が気負わずにちゃちゃっと作れて楽ですわな。


アオシマF31レパード後期 レビュー7


一方内装はちゃんと専用品。

後期発売の時点では前期バリエを考慮してなかったので、前期は前期で内装も丸ごと専用ランナーを作製しています。


アオシマF31レパード後期 レビュー8


内装はドア内張り別パーツのバスタブっぽい感じ。
後期VG30DETなのでATです。


アオシマF31レパード後期 レビュー9


ダッシュボードのスイッチ類も細かくモールドされていますので、塗装できっちり仕上げれば綺麗に映えるでしょう。
メーターパネルとナビ画面はデカール。


アオシマF31レパード後期 レビュー10


純正シートは中央部の皺モールドで本革の質感が良い感じに再現されています。

ステアリングは2種。
アフターパーツのイタルボランテ コルサは一応不要部品になってるオマケ。


アオシマF31レパード後期 レビュー11


ドア内張りはこんな感じ。
パワーウインドウスイッチのモールドとかは省略されてるので、気になる方はプラ端材とかで作っておきましょうねー。


アオシマF31レパード後期 レビュー12


ホイールは純正ではなくカスタムVer.として新規のBBS RGが入っています。
タイヤはPIRELLI CINTURATO P7で、フロント225/50VR16、リア235/40VR16の刻印。


アオシマF31レパード後期 レビュー13


シャフト接続方式でサイズは15インチ。
センターキャップにBBSの刻印も入ってシャープな造型。
リムも適度に深めで他車に流用しても良さげかもです。

間にある小さなバッジは不要部品扱いで「V-30E」「V-30 TURBO」の2種があるんですけど、このパーツ、実は同社が2011年12月に発売したY30セドリックブロアムVIPのフロントグリル用バッジなんですね。
エッチングのフォルテクスワイヤーホイールが付いてた有名なアレですよ。
逆にそっちではBBS RGが不要部品扱いですわ。


今回のキット発売が2008年10月なので3年のブランクがあるにもかかわらず敢えてレパードにバッジ込みのホイールを入れる事で、金型コストを分散させながら細かいところをリニューアルして拡充していく計画パねぇなって思う訳ですが、そりゃー企業の企画としては年単位のスパンを要するなんてのはよくある事で、ともかく担当さん考えるの地味に大変だっただろうなぁって、こんな小さいパーツからも窺えるのですよ(;´ω`)
後々Y30が無事発売されてるから報われてるんであって、立ち消えてたらただの謎パーツですからね。
ちなみに前期の方にはブレンボのブレーキパーツが付属してポリキャップ式になってるので、昔からあるBBS RG(多分17インチ)が使われてるんすよ。



アオシマF31レパード後期 レビュー14


「なんやY30ブロアムVIP出す布石に過ぎんやんけー踏み台やんけー」って思われちゃうかもですが、中々どうしてこのキットの目玉(※あくまでも個人の感想です)となるのが、新たに追加されたサンルーフとサンルーフバイザー。

外側のランナーが湯止めされてる箇所はビレットグリルシリーズ用のクリアパーツランナーがあったところかな…(´・ω・)


アオシマF31レパード後期 レビュー15


これが出るまでクリア成型でのサンルーフバイザーパーツって恐らく無かったような。
※追記 同社4代目プレリュードのSパケ時代にありますた。
DTSRさん、ありがとうございます( `・ω・)


すぐ後に発売された前期型にもクリア成型バイザーはパーツとして奢られるんですが、前期型とは形が違うのでちゃんと別々に作り分けてる気合の入れようっす。


アオシマF31レパード後期 レビュー16


そしてデカールと新規フロントスポイラー。

ナンバープレートはあぶ刑事の劇中車再現。
フロントスポイラーも新規で後期専用品。
前期はまた形が違うんで前期専用で別物が入ってるんだな。


…こちらに説明書を加えて、以上で全パーツ。

どうしてもあぶ刑事のイメージが先行して、それ以外だと特にカスタムの方向性としては控えめがちなF31レパード。
しかしながらこれが結構ガチガチに弄るとまた結構カッコいいんですよwww
フォルムを生かしつつ旧車風味もまた良し、ドリ車っぽくもVIPっぽくにも似合いますし、何よりこういう高級クーペはバチッとエアロ付けて車高を落とすとめちゃめちゃ渋くて、まさに「2ドアなのにデカくて何が悪いんじゃー」って感じが醍醐味っす( ´ω`)

この記事を書いている2017年10月現在では後期キットがシリーズ再編と近年のアオシマさん前期押しで絶版中。
11月に前期がザ・モデルカーシリーズでリリース予定ですので、いずれ後期も今回ご紹介したキット内容とそう変わらない形でリリースされると思われます。

既成概念を打破してこそのプラモデル。
実車もR31スカイラインと基本設計が同じなので走りのポテンシャルも秘めるこのクルマ。
皆さんも自分流に1台作ってみてはいかがでしょうか。
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

 
こんにちは。レパードですか。私はソアラ派ですが
レパードもかっこいいですね。
レパードのドリ車は見たことないですね。
確かに車高下げてホイール付けたらかなりいいかも...。
 
>しん 様

以前ドリ天にSR20に載せ替えた個体が掲載されてましたねー。
伸びやかな印象と大柄なボディも映えますし、このくらいのカクカクさがまた丁度良いドリ車感が出そうな感じです。

車重もありますしリア脚がR31と同様のセミトレなので厳密にはそんなに戦闘力は高くないのかもですが、全く出来ないってー訳でもないので、とにかくこういう想定外マシーンは印象が第一ですのでww

« »

11 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。