サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ JZX81クレスタ 制作記 その5

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマJZX81クレスタ制作記  
アオシマJZX81クレスタ制作26


あちらを立てれば、こちらが立たず。 
今回は前回中途半端になってしまった内装の塗装から。
まずはダッシュボード。

説明書では2トーンのセーブルが指定されてるところを、塗り分けるのがくっそ面倒だった為 当時から憧れの 場末のスナックの内装かよっていう ニューマルーンを意識して、下地にMr.カラーC63ピンクからのH33あずき色を塗装、更にタミヤアクリルカラーXF-86フラットクリヤーをコート。
スイッチメーターパネルの黒い部分はガイアカラー012フラットブラック。
スイッチ表示として水性ホビーカラーH1ホワイトを爪楊枝で点塗り、液晶画面をH16イエローグリーン、ABCペダルのパンチング表現をスミ入れで使ってるゲルインクボールペンで描いております。
最後にメーターのデカールの上にOPPテープを貼り、台紙ごと切り出してGクリヤーで所定の位置に貼ってから、デフロスター吹き出し口とグローブボックスを中心にスミ入れで完成…ってな感じ。

手持ちの塗料在庫の関係で水性ホビーカラーを塗ってますが、Mr.カラーだとC29艦艇色とC41レッドブラウンが妥当かと。
天井のババシャツ色もC44タンよりC51薄茶色のような若干赤系に振ったカラーが良いと思います。
ただニューマルーンの場合、天井色も同じマルーン系なのかババシャツタン色で塗り分けるのかが検索資料だと判別が付かないんですよねー…(;´・ω・)
もしマルーン系同色だったらごめんなさいね。


ちなみにベタ塗り系内装色だともう一つダークブルーが設定されておりまして、こちらもかなりレア度が高め。
厳密にはマルーンもダッシュボードとかの樹脂部分とシートのファブリック部分は微妙に色が異なり、そこら辺に凝り始めるとキリがないんで、ツヤの質感を変えてみたりとかで対処すると良い感じになるかもですね。


アオシマJZX81クレスタ制作27

アオシマJZX81クレスタ制作28


インストだとこんな↑感じ。
ただ所々間違ってるんだよなぁ…ww

このキットに限らず内装塗り分けは検索するなりカタログ入手するなり実車を見るなりで資料を用意するのが賢明ですわな。

んで、ドア内張りと内装底面も同じように塗装して、さぁ組み上げるぞーとなったところで…


アオシマJZX81クレスタ制作29


グエ────!!!干渉してるンゴ────!!


アオシマJZX81クレスタ制作30


というわけで、緊急オペ開始。
あぁめんどくせぇー。

ダッシュボード側かドア側かで一瞬迷いましたが、ドア側の方が簡単じゃろうという事でピンク色の○で囲った箇所、アームレストの干渉する部分をニッパーでざっくり切り取っただけ。
助手席側の方が除去面積が大きく貫通してしまったため、プラシートを接着して穴を塞いであります。

ダッシュボード角度調整時に何で合わせなかったの?バカなの?って思われてそうなので一応弁明しておくと、合わせたんですよ運転席側で。
そしたら助手席側の方がグローブボックス分で張り出し量が大きいっていうね。
しかも調整時のガタで何か問題無いようにみえたっていうお粗末さ。


アオシマJZX81クレスタ制作31


加工箇所をタッチアップして、オペ後はこんな感じにちゃんと収まりました。

足元にはいつものように2㎜プラ棒でロールケージの根元をあらかじめ仕込んでおいてます。

アームレストにプラ端材でスイッチパネル追加する余裕があるなら入念に仮組みしろよなー。


アオシマJZX81クレスタ制作32


お次は後ろ半分のドンガラ。

検索資料を元に、いつものように各種プラ材でひたすらチマチマとしたディテールを作り上げて…


アオシマJZX81クレスタ制作33


雑な塗装でフィニッシュ。
モーターライズの影響でタイヤハウスが左右非対称ですから、こんな雰囲気でも十分でしょ。

塗装はMr.メタリックカラーGXのGX214アイスシルバーをベースとして、アルミ板を貼り付けた風に細部を作るのが面倒だったので 中央部とスピーカーボード部は蓋をしてC8シルバー。


アオシマJZX81クレスタ制作34


更にパテ盛りだけでずーっとほったらかしにしてたシートを整形して、下地C63ピンク→タミヤアクリルカラーXF-7フラットレッドを塗装。
ベルトはいつもの前半分のコピー用紙印刷ものを切り出してGクリヤー接着。

消火器もいつものように5㎜プラ棒からの削り出しとプラ端材・1㎜プラ棒から作製。


アオシマJZX81クレスタ制作35

アオシマJZX81クレスタ制作36


現状はロールケージ前半分を作って時間切れー。
この後シートベルト後ろ半分を作り、バーの本数をガシガシ増やしてケージ後方を作って消火器を載せれば内装は完成ですねー。

あ、ちなみにロールケージのカラーはガイアノーツバーチャロンカラーVO-47フォーチュンスカイブルー。
フジミS15シルビアで使ったMr.カラー323番ライトブルーとほぼ同色っすww
後々改めてプラ板にそれぞれ塗ってサンプルテストしてみますわ。


…と、こんな感じで今回はここまで。
次回は四点接地までいきたいっすね。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

05 2018
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。