サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

過去作品:GDBインプレッサ

Category: レストア・過去作品 > ハセガワ  Tags: 過去作品  スバル  ハセガワ    
ハセガワ GDB インプレッサ 1


度重なる実車のマイナーチェンジを受けて、各社多くのモデルが存在する2代目GDBインプレッサ。
今作はハセガワさんの涙目インプです。 
制作したキットは、ハセガワさんのコレクションラリーシリーズ「インプレッサWRC 2005 2005ラリーメキシコ ウイナー」。

インストの表記では2005年12月発売となっています。
バリエーションとしてこの他にも2005年のラリージャパン仕様、同じく2005年のグレートブリテン仕様が存在します。

GDBインプレッサは実車の人気もあってか、前・中・後期全てがモデル化されています。
前期の丸目はタミヤさんと海外メーカーのエアフィックスさん。
中期の涙目はハセガワさん・タミヤさん・フジミさんと、こちらも海外メーカーのエレールさん。
後期の鷹目はフジミさんのみ。
更に、タミヤさんの丸目にはノーマルとラリー仕様がキット化されています。

フジミさんの涙目は所謂暗黒期真っ只中のもので、全体的にモールドと造形がダルく各部の合いがアレだったりとおみまいされる感じバリバリ
ノーマルモデルはこのフジミさんしかないので存在は貴重なんですけどね。
また、その反省からか後期の鷹目は真逆のパチピタ精度。
所謂新生フジミ期のものです。

…ホントこの暗黒期クオリティに戻らないことを新金型キットが出るたびに毎回祈るばかりですが(›´ω`)

今作のハセガワさんの涙目インプはラリー仕様ということで、フェンダーが盛大に切り上げられ幅も広がってます。
本来ならフェンダーは純正のほうが好みなんですが、先述した通りアレがアレなので致し方なし。
更にこちらのキットは閉店セールで半額以下の1000円ぽっきりで売られていたモノ。
制作するモチベーションは当時それほどなかったものの、棚を見ている傍からドンドン買われていく状況で買うたやめた音頭を踊る暇も無く、直観と勢いで速攻カゴへ投入となりました。


ハセガワ GDB インプレッサ 2


ボディカラーはガイアカラーEX-01のEX-ホワイト。
クリアーはいつもの水性ホビーカラー30番。

ボディの成型色は青で、実はこのホワイトを下地としてこの上にタミヤミニ四スプレーカラーのブライトゴールドを塗ろうと思ってたんですけど、白も似合うのでこのままに。
ブライトゴールドは初代インプワゴンにでも塗ろうかな…。

ホビーサーチ  ガイアノーツ Ex-01 EX-ホワイト

Amazon.co.jp ガイアノーツ Ex-01 Ex-ホワイト 50ml



改造点は
◆ ボディフロント・サイド・リアにディフューザー制作
◆ リアバンパー下部のエアロ、マフラー、ブレーキ関係はプラ板と金属ワッシャーから制作
◆ ミラーをジャンクパーツから、GTウイングをアオシマさんのER34スカイラインから流用
◆ ホイールをアオシマさんのヴィエナクライス(19インチ)に変更

内装はほぼキットのままの素組みです。


ハセガワ GDB インプレッサ 3


あ、思い出しました。
Bピラーとガラスの間に隙間が生じるのでピラーを一度切り離した後に再接着しています。
仮組みをして指で曲げるなり、事前に確認が必要ですね。
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

12 2019
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。



お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーに関しましては、下記プロフィール記事下段部分をご参照ください。