サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

フジミ CZ32フェアレディZ レストア記 その1

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: フジミCZ32フェアレディZレストア記  
フジミCZ32フェアレディZ レストア1


おまたせ。 
今回からはむかーし作った車両をあまり深く考えずに気軽くレストアしていこうと思いまーす。

という事で、お題となるのはフジミのZ32フェアレディZ。
今からちょうど18年前、2000年に購入して3日ぐらいでちゃちゃっと作って、その後足回りだったり外装だったりを数年後にたまーに弄くり返してからはもう12年も箱の中で放置プレイだった車両。

このブログでは初見ですわね。


フジミCZ32フェアレディZ レストア2


今では考えられないような爆速作業時間。
そりゃあボディのパーティングラインは処理してないし、あちこち成型色のままだったりで今時こんなクオリティで作る奴いねーよっていう仕上がりですもの。
それでも当時は楽しくて楽しくて、頭でっかちのおっさんになってしまった現在では逆に過去に見習うところがあるのかもしれませんな( ˘ω˘)

まーでも外装を弄くり返してた少なくとも12年前に、現在でも通用するような鬼のようにキャンバーを付けたスタンス系足回りを直感的に行おうとしてたのは流石に「俺スゲェ」って心の中だけで自賛してますww
まだ当時はVIP系でもキャンバーマシマシセッティングは少数派だったような記憶があるんすよ。

細部はどちゃくそ甘いですし所々謎な作り方してますけど、全体のボヤッとしたコンセプトとベクトルは今の自分のスタイルに通ずるものがあって雰囲気は結構悪くないんじゃないかなーと。
今回のレストアでもそういうポイントは受け継いで行けたらなと計画しています。


フジミCZ32フェアレディZ レストア3


ついでですから、軽く各部も確認としてみていきましょうか。

内装も一部無塗装ながら何となくそれっぽく塗り分けてあります。
てか、サイドガラスが無いもんだから埃が入り込んじゃってて汚い…。


フジミCZ32フェアレディZ レストア4


パーツ整形もせずに適当にビャビャーッと塗って組んじゃったって感じですな。


フジミCZ32フェアレディZ レストア5


シャーシも同様。

って言っても、シャーシ自体が元々同社S13シルビア系を流用してるので、造型自体がZ32とは似ても似つかないものなんすよね(;^ω^)
なおシャーシは前後を金型のコマ替えで対応させていて、S13とZ32では1/24換算で1㎜違うホイールベースをどっかで何となく合わせてる模様。
ボディの寸法では幅が1.5㎜程広く、全高がチョップドルーフ気味なこと以外は特に造形の狂いは無さそう。
確か素組みだとフロント足回りがやけに腰高&前にズレる症状があったはず。
なので現物はサスパーツを毟り取ってロアアームからホイールを適当に直付けしてますわなww



フジミCZ32フェアレディZ レストア6


ということで、全バラ

思ったほど接着剤がガチ留めされている感じでもなく、パキッと小気味良く分離できました。
これなら細部も修正しやすそうです。

使えそうなパーツは出来るだけ使うようにして、足りない部品は各部弄る時にジャンクから探して流用していきますねー。


フジミCZ32フェアレディZ レストア7


んじゃーぼちぼち制作に入りますか。
やっぱりまずはホイールから。

車両に装着されていたリーガマスター(のようなもの)はまた別の車両に使うとして、今回はストックからアオシマさんのCR極(18インチ)を使用していきます。


フジミCZ32フェアレディZ レストア8


ホイールはメッキを剥がして蛍光イエローに塗装。
ブレーキディスクは車両からもぎ取ったブレンボを塗装を落としてリペイント。

ホイールのメッキはそのままだと落ちにくいので、目立たないところにメッキ層まで軽く傷を付けて、漂白剤と水を1:1の割合で入れた溶液に1日ドブ漬け。
情報として散々言われてる事ですがメッキ表面にクリア層があるっぽいので、まずはそれを処理してあげないと中々綺麗に落ちないのですよ。

またフジミブレンボパーツの中心ホール径はアオシマホイールのハブ径と比べると小さめでそのままでは入りませんので、今回はハンドリーマで穴を拡大加工しております。

塗装に関しては、ホイールはMr.カラーC172蛍光イエローをベースとしてクリアーコート。
ナットとエアバルブをC8シルバー、ナット周辺モールドにタミヤアクリルカラーX-19スモークでスミ入れして、水性ホビーカラーうすめ液を綿棒に含ませ余分な分を拭き取り。
センターホールにはXF-1フラットブラックを流し込んでおきました。
ブレーキディスクも表ベースにC9ゴールドとC8シルバー、ローターのモールドとキャリパーのブレンボ文字に同様にスモークでスミ入れ&拭き取り作業をして、裏は目立たないようC92セミグロスブラックを塗装しました( ・ω・)


フジミCZ32フェアレディZ レストア9


んで、ホイール裏のハブにC61焼鉄色を塗ってから2つを合体させるとこんな感じ。

蛍光カラーは浮いて玩具っぽくなりがち(いやまぁオモチャなんすけど)なのを、丁寧にハブボルト周辺を塗装やスミ入れで情報量を増やしてあげると少しは払拭できるのかなと。


フジミCZ32フェアレディZ レストア10


ちなみにボディにあてがってみるとこんな状態。

……うーん…イメージが湧かないwww

ボディ色も全く違うのにリペイントしますから、頭の中にある完成形とは全然異なりますわ…(;^ω^)


…と、こんな感じで今回はここまで。
次回はシャーシと足回りをリペアですな。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

09 2018
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。



お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。