サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

購入キットよもやま話:タミヤさんの80ランドクルーザー

Category: 購入キットよもやま話 > (株)タミヤ  Tags: キットレビュー  (タミヤ)  
タミヤ80ランドクルーザー レビュー1


クロカンなのにスポーツカーシリーズとはこれ如何に。 
…まぁSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)ですから、あながち間違ってる訳ではないっすっけども(;^ω^)
それ言ったらクイックデリバリーとか近年のトヨダAAとか厳密にはフィットとかbBとかどーなのよってな訳で。

今回ご紹介するのはタミヤさんのHDJ81Vランドクルーザーでございます。

実車80系ランクルは1989年に発表、翌90年に発売。
生産時期によって前・中・後期の3タイプに大別され、1/24スケールのプラモにおいてはこのタミヤさんが1991年に、フジミさんが1992年にそれぞれモデル化。
どちらも前期型バングレードのVXリミテッドがリリースされており、タミヤさんがエンジン再現ありのフルディテールキットなのに対して、フジミさんは当時としては大分数も減らしたモーターライズ構成のキット。

フジミさんの方は足回りを前後シャフトとした簡易設計で、初版がリリースされてからは暫くの間再販されませんでしたが、2009年にインチアップシリーズ№79にナンバリングされ、モーター等の動力関係を省いたディスプレイモデルとして再販。

一方タミヤさんの方は実車と同様なラダーフレーム構造にエンジン・足回りの各パーツや室内・ボディを組み付けていく、クルマプラモでは超イケイケだった頃の仕様。
バリエーションとして"スポーツオプション"と題した、タイヤ・ホイール・アニマルガード付きバンパー・フォグランプ・ルーフラックパーツが新たに付属したキットも後に発売されましたが、こちらも今回ご紹介するノーマルキット含めてフジミ同様初版以降に再生産されることなく、2011年にようやく"90年代の傑作キット"と表して再販。
同時期に前後して以前ご紹介したST162セリカ等の、主に当時再生産が行われなかったキット群を現在までに度々スポット生産しております。
パッケージ左下の黒丸がその再販時の証であるメッキシールですね。

90年代発売当時はクロカンブーム最盛期。
単純にスポーツカーシリーズなのに珍しくバリエまで出して形振り構わず全力であやかっていこうとする勢いがまだあった…と評するよりも寧ろプラモ界隈にも与えたブームの影響は大きく、先のフジミさんでは他にパジェロやビックホーンが、タミヤさんでは同じくパジェロとそのバリエのスポーツオプションキット、アオシマさんではハイラックス・ハイラックスサーフ等のモデル化が行われました。
その後ハイリフトやローライダー等のカスタムへと発展した際に流れを汲めたのはアオシマさんだけでしたが、実車の流行と共にクロスオーバーSUV→ミニバンへと更に開発車種が移行していき、スーパーカーやスポーツカーやレーシングカーだけではない、新たな価値観やスタイルと共にスポットライトが当たるようになったクルマがプラモで各社リリースされていった、その始祖のようなキットのようにも思えます。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー2

タミヤ80ランドクルーザー レビュー3


購入は2011年。
再販時に即仕入れてきましたww

過去生産数が少なかったお陰か、ボディは金型の痛みもほぼ無く非常に綺麗でしゃっきりぽんとヒラメが舌の上で踊るレベル。
いやもう元ネタ分かる人少ねーだろ。
前後バンパーが別パーツ化されているので全長の数値は分からないものの、全幅とホイールベース共にほぼ適正値。
元々デカいクルマっすからデフォルメせんでも十分オーラがあったんでしょうな。

細かいところだとライト類はヘッドライトとテールランプのみクリアパーツで、ヘッドライト下とフェンダーのウインカーはボディ一体成型。
逆にボンネットは完成後でもエンジン等を鑑賞できるようにクリアパーツで用意されています。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー4


あとはスペアタイヤ搭載用のリアゲート金具なんかも一緒にモールドされていて、更にオーナメントバッジも全てモールド再現。

きっちり形は出てはいますけど、オーナメントバッジはさぁどうやって綺麗に塗り分けるか…。
制作時のポイントの一つでありますな。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー5


さて各ランナーをみていきましょう。
まずはシャーシとエンジン関連。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー6


ラダーフレームが再現され、モールドも非常に細かく彫られています。

これが単体で存在するって事はつまり、足回りとエンジン・駆動系を組めばそれだけで鑑賞できるんすよね( ・ω・)


タミヤ80ランドクルーザー レビュー7


1HD-Tブロックのモールドがシコい。

これももう単品で飾ってもいいレベル。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー8


全国3800万人のラジエターマニアと燃料タンクマニア諸氏に捧げるモールド。

とにかくこのキット、動力関連パーツの雰囲気がピカイチなんすよ。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー9


加えて足回り系のランナー。
アーム類も繊細で良い感じ。

キットは金属製バネ付属でサスペンション可動の構成。
バネは後述のタイヤ小袋と一緒に入ってます。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー10


お次は主に室内パーツ系。

バンは5人乗車登録なので前席・後部座席の2列シート。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー11


床下裏のプレスラインも細かく彫刻されていて、仮に完成した時に殆ど見えなかったとしても、こういうフェチ心を擽る配慮が嬉しいってもんじゃないですか( 'ω')


タミヤ80ランドクルーザー レビュー12


室内側はこんな感じ。

金型抜きの関係でどーしても薄いモールドになってしまうドア内張りはバスタブ形状の宿命っすね(´・ω・)
エンジンルームのバッテリーとかみると上下方向は問題なくとも、左右方向はスライド式としても複数段差があるので厳しいのかも。
にしても30年近く前のものですし、塗装作業性を考えれば無理せず別体の方が楽なうえに再現性も良いですからね。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー13


ダッシュボードは右ハンドル・左ハンドルどちらかの選択式。
上部が分割されてるのは恐らく助手席の手摺り成型が要因かと。

こちらもモールドがカチッとしていて、塗り分けるとかなりリアルになりそうな予感。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー14


メッキランナーは2種。
こっちは艶抑えめの仕上げ。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー15


ホイールはこんな感じ。

6穴でタイヤ脱落防止用にトレッド面にリブがあるタイプ。
一番左がスペア用ですねー。

直径は17㎜で約14.5インチ相当。
実車は15インチなのでほんのちょっと小さめ。

そこそこ深リムなので他車種流用したら面白いかもーとか思いながら、リブはどーすんだって話。
6穴なのも車種選定でかなり限定されてきますわな。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー16


一方グリルやヘッドライトインナー、サイドミラーの方は艶ありのギラギラメッキ。

グリルのトヨタとターボの文字もモールド仕上げ。
逆にこっちはグリル色塗ってから溶剤で優しく拭き取ってあげれば大丈夫なので、作業性としては問題ないっすね。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー17-min


クリアパーツランナー。

今回のキットで使用するのはガラス・ボンネット・前後ランプのみですが、スポーツオプションキットのフォグランプ用パーツも一緒の枠内に入っていますので、企画設計段階からスポーツオプションキットを出す気マンマンだったって事ですかな。


タミヤ80ランドクルーザー レビュー18


最後にタイヤとデカールと説明書。
タイヤはDUNLOP SP QUALIFIERで、ポリキャップと足回りの金属製バネとネジが同包。


…以上が全パーツです。

エンジン付き・サスペンション可動モデルにしては全体のパーツ数は思ったほどなく、寧ろ部品点数を抑えながら最大の効果を表現できるように纏められた、タミヤお家芸の真骨頂的な内容ですかね。
各パーツからも非常にカッチリとした完成形が浮かぶ、良さげな印象です。

んで、何で車高短ドリ車大好き野郎がクロカンモデルなんて買ってんの?ってお思いでしょうが、そりゃあ勿論ドリ車にするためですよ(食い気味)

同社80スープラから2JZを移植して、車高に関してはフレーム加工またはチャネリングも辞さない覚悟ですが、リアのホーシングとフレームの位置関係からしてそこまでせんでも意外と難なく行けちゃうんでないっていう期待もあったり。
あとややこしそうなのは足回り各アームの接点見直しとかですね。
とにかく既成概念に囚われない事、それが一番大事MANブラザーズ。
それよりもリアゲートの背面レス化の方が面倒そう。

なおキットの再販は2011年ですが、あまり売れずに問屋さんに残ってるのか、後々にちょこちょこ再生産されているのか、スポット生産ながらも店頭在庫を見かける機会もまだありますので欲しい方はお早めに。

ホビーサーチ  タミヤ トヨタ ランドクルーザー80 VX リミテッド

Amazon.co.jp タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.107 トヨタ ランドクルーザー 80

関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

07 2018
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。