サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

フジミ GX71マークⅡ レストア記 その4

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: フジミGX71マークⅡレストア記  
フジミGX71マークⅡ レストア26


どーしたもんかねぇ。 
今回からはじわじわドリ車の方へと寄せていく作業から。

まずはボンネットダクト。
プレスラインを基準として一旦大穴を開けて、フロント側断面をうすうす加工。
サイドには1.0×2.0㎜プラ棒を貼り付け、0.5㎜厚プラ板でルーバーを作ったら最後に裏に0.3㎜厚プラ板で真ん中の部分を作り接着すれば完成。

ほぼ隙間も無く作れたので、パテ埋めはしなくても大丈夫そうっすね( ・ω・)


フジミGX71マークⅡ レストア27


んで、フロント・リア共に上下方向に寸足らずな窓ガラスは結局0.2㎜厚透明プラ板で作り直してGクリアーで接着。
サイドの4面も同じく透明プラ板から切り出し。

あ、その前に窓枠にMr.カラーSM08メッキシルバーNEXTとGX2ウイノーブラックを塗ってからですね( 'ω')

マスキングはフロントのみキット付属のものを縦に分割して、真ん中をマスキングテープで補いながら裏からタミヤラッカーLP-3フラットブラックを塗装。
リアはアクリルガラスに変更している設定(熱線も再現しなかったからね)として周囲の黒セラミック塗装は行いませんでした。

透明プラ板は曲げを入れると白化してしまうので、何度も仮合わせを行いながらサイズギリギリに切り出し、Gクリアーが乾くまでマスキングテープで押さえておけば、このくらいの曲面だったら何となく対応してくれます。
クリアパーツの厚みからくる景色の歪みなんかも全くないので、透明プラ板に置き換えて結果オーライだったかなと。


フジミGX71マークⅡ レストア28


裏側はキャビン部をタミヤアクリルカラーXF-9ハルレッド、それ以外を目立たないようにMr.カラーC92セミグロスブラックで塗装。

天井には端材で作ったサンバイザーっぽいものを貼り付け、バックミラー取り付けダボも1.0㎜ドリルで貫通しないように加工。
バックミラーは板シャーシ汎用パーツを使い、鏡面にはメッキシールをいつものように台紙ごと貼り付け。


フジミGX71マークⅡ レストア29


後期セミスクラッチした顔面は各部塗装して組み上げると、こんな感じ。
パイピング損傷防止の為に上下逆さまにした(っていう設定の)インタークーラーもエバーグリーンメタルサイディングから作製して取り付け。

ヘッドライトのバルブ表現は塗装した時点でクドさが出て似なくなってしまったので、取り除いて上からメッキシールを貼って対処。
フォグランプの方はバルブをクリアイエローで軽く塗り、0.2㎜厚透明プラ板でカバーを作製。
ヘッドライト内ガラスはフジミS14シルビア前期用を加工、更にカバーを同じく透明プラ板から切り出して2枚重ね仕様とし、コーナーマーカーはマイクロエース(アリイ)GX61マークⅡから流用加工としました。


フジミGX71マークⅡ レストア30


同様に弄ってきたリアはこんな感じ。

テールランプはキットパーツを使い、下側をナンバーポケット曲り頂点辺りまで裏側からC101スモークグレー塗装。
横に走る分割線も裏側からスミ入れに使ってる0.28㎜ゲルインクボールペンで描き、表面からクリアーレッド。
ウインカーはフジミMZ21ソアラから切り出し、同様に塗装。
モールはメッキシルバーNEXT、ナンバーポケット内側のみC8シルバーとしています。
こっちはほぼ塗り分けで決まりましたねー( ・ω・)

窓枠と併せてきっちり塗分けるのはボディ本塗装時に。
サイドモールやドアハンドルなんかもこの後ベタベタ触ってせっかく塗った塗膜が剥げちゃうのを防ぐため、ボディ塗装時直前に塗っときましょ。


フジミGX71マークⅡ レストア31


三度目の正直で合わせてみるも、微妙。
事前に「71マークⅡ後期です!!!!」って暗示かけておけばまぁそーかなぁ…みたいなレベル。

一応このアングルというか高さから見ればそれなりにはなってるとは思うんですけど、例えば別の角度から見たりすると……


フジミGX71マークⅡ レストア32


は?

ってなるんすよねー。

恐らくポイントとしては、「グリルの縦線を強調しすぎ」「もっとグリルをスラントさせるべきだった」「フォグランプは下側を絞るべき」の3点。
もうちょっと鼻高だったみたいなイメージっすね。

造型的にはもうこれ以上弄れない、というか弄りたくないので、塗装の方で何とか誤魔化しながらもうちょい改善する方向に持っていければとは思っていますが…(;^ω^)
いやーこんなにも複雑で微妙な形してたとは、改めて気付かされた、もとい技術的な弱点をブン殴られた感じっす。


…と、こんな感じで今回はここまで。
次回はシャーシとか内装とかをバラして少しずつブラッシュアップしていきまっしょい。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

12 2018
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。



お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。