サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

ハセガワ GB122 サニートラック(後期)制作記 その5

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: ハセガワGB122サニートラック後期制作記  
ハセガワGB122サニートラック(後期)制作記24


取り急ぎ取り急ぎ。 
今回は四点接地とボディ本塗装。

ホイールは制作記その1でも触れたようにフジミさんの別売りホイール、14インチテクノファントムを使用。
裏側のボスはネジ・シャフト用となっていて、キット純正状態のフロント:ピン式・リア:ポリキャップ式とはどちらも互換性がありません。
いつものようにプラ板接着でトレッドやキャンバー等のアライメントを調整していく訳ですが、裏側のブレーキパーツについても加工して装着できるようにしておきましょう。

まずフロントのディスクブレーキについてはハブ部分の出っ張りを切除し、空いた穴自体もハンドリーマで径をやや拡張。
リアのドラムブレーキもこちらも中心の穴を広げる要領で(持ってるリーマが3.0㎜穴からの対応だったので)2.5㎜→3.0㎜ドリル刃で穴を広げてから更にリーマで拡張。
左がキットそのまま、右が加工後っすね。

これで前後ブレーキパーツ共にホイール側ボスの長さ内に完全に格納でき、ホイールのフェンダー内収まりに対するブレーキパーツによる影響を解消できました。

んで、これらをそれぞれMr.カラーC8シルバーとガイアカラー012フラットブラックで塗装して、ホイール裏にGクリヤーで接着した後に0.5・0.3・0.14㎜のプラ板で調整してタイヤホイールを装着すると、


ハセガワGB122サニートラック(後期)制作記25


こんな感じ。
ついでに0.5㎜厚プラ板からフロントチンスポイラーも一から作製。

前回言ってたリア板バネの着地しそうなところはやっぱり適宜削って対処。
大掛かりなチャネリングとかしない限り、恐らく純正足回り形状としてはこれが限界の低さっすね( ・ω・)


ハセガワGB122サニートラック(後期)制作記26


そしてボディカラーを塗装するとこーんな感じ。

内装からずーっと勿体ぶって書いてなかった色はガイアノーツバーチャロンカラーVO-45山焦茶。
バーチャロンカラーは独特の綺麗な色味が多く、今回も渋めに仕上がってて満足満足( ´ω`)


ハセガワGB122サニートラック(後期)制作記27


テールランプは塗装前に予め取り付け。
リフレクターはSM08メッキシルバーNEXT、クリアパーツ周囲とランプ分割部にフラットブラックを塗装しております。
ランプ表面のクリアーレッドやらクリアーオレンジやらは小物取り付け時に纏めて後程。

まだこれからクリアー塗装と研ぎ出しが控えていますので、外装小物に取り掛かるのはその後でしょうな。
地味な作業が続きますが、設計がちゃんとしてるので苦も無く作業が進められるのはありがてぇっす。


……と、こんな感じで今回はここまで。
次回は上手くいけば完成まで漕ぎ着けられる……かな?

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

07 2019
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。



お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーに関しましては、下記プロフィール記事下段部分をご参照ください。