サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

アオシマ HF50 シーマ 制作記 その3

Category: のんびり作業、進捗状況  Tags: アオシマHF50シーマ制作記  
アオシマHF50シーマ制作12


やっとクルマ本来の形に。 
キットによっちゃこの状態でデフォなのもある中で、まー長いこと時間かかったけんども何とか一番懸念してた場所は克服したかなーと思ってます。
シャーシと内装もあるけどそっちは完成しちゃえばほぼ見えないっすからまだ気が楽なのです(;^ω^)

前回から持ち越しになっていた前後セクションのパーツ類を微調整しながら固定し、諸所の加工も同時に行いながら構築した暫定ボディベースがこちら↑。

トランク・リアバンパーは完全接着後にスジ彫り周辺パネル面出しとWAVEマイクロチゼルでスジ彫り直し。
リアナンバープレート周辺のモール類も同じく彫り直してパッキリさせておきました。
フロントセクションも同様にダクト等の追加加工を間に挟みながら接着固定後に同メニュー。
ボディの延長部分においては、前回で問題ない状態とはなっていたものの、念の為にサーフェイサー代わりのGSIクレオスアクリジョンベースカラーBN-01ベースホワイトをスジ彫り箇所を避けて塗装し、再度ヤスリをかけて面出し&最終チェック。

スプレーやエアブラシが使える環境ならぶわーっとサフ吹いてチェックすればいいんでしょうけど、筆塗りしかできないからってこういうことができない訳じゃないのよーってことで、ちゃんと公式にも「プライマー・サーフェイサーとしての機能も兼ねている」と明記されてますし、アクリジョン塗料はラッカー系塗料にも溶けずに殆どヒケないですから、寧ろこういう使い方に分があると思うのですよ。
ちなみに塗料は乾燥するとタルク粒子のキメが細かい割には何度も塗り重ねると結構盛ることも可能なので、筆塗りなら該当箇所の周辺部位程度に止めておいた方が後々の面出し作業がより楽になるっすね。
一応パネルセクションごと塗っといた方が良いじゃろと安直に考えてたら後のヤスリがけで地味に苦労したりww
んでも、ルーフなんかはパテ整形時に削りすぎて部分的にうっすら凹んじゃってたりする場合もあるので、そういう完成後に目立つようなところは入念に広めにチェックしといた方が良さげっす。



アオシマHF50シーマ制作13


ボンネットはパーツ別体時に先にダクトを成形。

元々あるプレスラインからの距離を測りながらフリーハンドでラインを大体描き、ピンバイス・ニッパーでバキバキ切り取って、際は棒ヤスリで攻めて開口整形し、フロント側のみプラの厚みに対してうすうす加工。
シャーシマウントの根元に干渉しないよう、内側に1.0×2.0㎜、外側に1.0×1.0㎜プラ棒を接着して、ルーバーを0.5㎜厚プラ板にて適宜構築。
最後にフロントガラス側の繋がる部分に光硬化パテを盛って整形……ってな感じですね。


アオシマHF50シーマ制作14


フロントバンパーは本来ナンバープレートがくるところに新たにダクトを開口して、シャーシマウント部に接着する形でいつものエバーグリーンメタルサイディング1.0㎜幅(品番:70EG4526)からインタークーラーを作製・取り付け。

インタークーラーはMr.カラーC8シルバー、その他の箇所をC92セミグロスブラックに予め部分的に塗装してからバンパー・ボンネットを接着しております。


アオシマHF50シーマ制作15


ちなみに裏側はこんな感じっすね。
初回に空けたボンネット下の穴はちょい横に更に広げました。
あとはボンネットを取り付ける際にボンネット側の方が若干下がってフェンダーと高さが合わないので、左右両端に0.14㎜厚プラシートを接着して調整。
それでも合わなかった高さはスジ彫り周辺パネル面出し時にてヤスって微調整しておきました。

全面的な裏側塗装は次回以降ですね。


……と、こんな感じで手短ではありますが、今回はここまで。
次回はガラス入れてみましょかね。

それでは次回もお楽しみにー( ´▽`)ノシ
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

06 2020
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930----

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。



お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーに関しましては、下記プロフィール記事下段部分をご参照ください。