サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

過去作品:PA95E 117クーペ

Category: レストア・過去作品 > フジミ  Tags: 過去作品  いすゞ  フジミ    
フジミ PA95E 117クーペ 1


単にFRだからという理由で飛びついた117クーペ。
実車だったら勿体無くてドリフトなんてもってのほか。

「プラモなんだし好きに作っちゃえー」仕様です。 
制作したキットは、フジミさんのノスタルジックレーサーシリーズ「いすゞ 117クーペ前期型」です。
インストの表記は2005年3月。
近年新金型で発売された旧車のうちの一つで、以前記事にしたS124Aサバンナがのちに発売されています。
バリエーションとしてこの前期の他にハンドメイドモデル・後期型のキットも発売されましたが、2012年現在ではノスタルジックレーサーシリーズとインチアップシリーズに後期型がラインアップに残るのみとなっています。

このフジミさんのキットが出る以前は117クーペのキットと言えば山田模型金型の童友社さんのノンスケールものしかなく、市場では期待を持って受け入れられました。
ただ色々とグレードなどのミスもあって、そこはやはりフジミさん。
テールランプの塗装指示がクリアーレッドのみだったのは流石にいい加減にしろと思いましたww
製作時の具体的な修正は他サイト様をご覧になっていただくとして、自分はグレード考証に弱いのもあり、取りあえず今作は好き勝手に制作しております。

余談ですが、リアシートは年式の違いに対応するためかハセガワさんのキットと似たようなパーツ構成のシート・フロア別体仕様。
この方式はリアシート取っ払い派にとっては製作が非常に楽です。

また前後下部の絞り込みがきついボディ形状の為、シャーシをはめ込むのにとても苦労するので、製作される方はシャーシを部分的に切り取るなど何らかの対策をしたほうが良いかもしれません。
自分は無理矢理ハメてしまい、リアパネルが若干浮いてしまいました( ´;ω;`)

いやー改めて見ると、やる気の無さ全開ですねwww
所々バリバリ接着剤ハミ出してます。


フジミ PA95E 117クーペ 2


ボディカラーは旧Mr.カラー74番エアスペリオリティーブルー。
クリアーはいつもの水性ホビーカラー30番です。

ホビーサーチ  GSIクレオス 74 エアスペリオリティーブルー (光沢 ラッカー系)

Amazon.co.jp Mr.カラー C74 エアスペリオリティブルー



改造点は
・ロールケージ、マフラー、バケットシート制作
・同社FC3Sよりリアスポイラーをチンスポイラーとして流用
・フロントホイールをアオシマさんのSSR Mk.Ⅱ(14インチ)、リアホイールを同じくアオシマさんのIMPUL D-01(14インチ)に変更

ホビーサーチ  アオシマ マークⅡ 14インチ

Amazon.co.jp 青島文化教材社 1/24 ザ・チューンドパーツシリーズ No.55 マークⅡ 14インチ プラモデル用パーツ



いすゞ車がインパルを履くという噴飯モデリング。
以前にもやらかしてますが、イイんですって。
カーモデルは好き勝手に作るのも楽しみですからww
それ以前に実車じゃこんな深リムは収まりませんからね。


フジミ PA95E 117クーペ 3


噴飯を通り越して、キモさすら漂う始末。
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

10 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。