サガミノクニノモータース

自由気ままに作った1/24カーモデルの資料とまとめ

小ネタ集:お好み幅のGTウイング制作について

Category: 小ネタ集  Tags: クルマプラモのちょい小ネタ  
1/24GTウイング自作1


今回はお好みの幅に合わせたGTウイングの作り方です。 
近年ではGTカーのみならず、市販ベースの改造車キットにも付属するようになったGTウイング。
実車でも3Dウイング、カッコいいですね。

タミヤさんやアオシマさんからは別売りで販売されていますが、個々の好みはあるにせよ「ちょっと幅が足りない…」「高さがあともうちょっと…」なんてこともあるかと思います。
例えば、車幅いっぱい・高さもルーフと同じ位のウイングを装着したいと思った時、他から流用する場合でもなかなかサイズの合ったモノを探し出すのは至難ですよね。

というわけで、今回もいつもの「無いなら作っちゃえばいいじゃん!」の精神(←根性とも言う)で、基本形状の一例をまとめてみました。
ちなみに今回の方法で作ったモノは、過去作品のDR30スカイラインA31セフィーロなどで使用しています。

ではまず設計図から。


1/24GTウイング自作2
1/24GTウイング自作3


ペイントでチマチマ書きましたwww

ウイングの方は、アオシマさんの「ブリッツER34スカイライン4Dr 2004年モデル」に付属していたローマウント3DGTウイングを形状のベースにしています。
そもそも色々な形状があるので、キット付属のお好み形状のモノをトレースしてサイズを変更していくのが一番自然に出来るのではないかと思います( ´・ω・)

その際には左右の形状はそのままトレースして、真ん中部分で調整を付けたほうがバランスを損なうことが少ないです。

あ、更に前後の幅を詰めたモノをもう一枚用意することで、2枚羽なんかも再現可能でしょうね。

また、ちょっと細かいですが支柱の方。
数値は一般的に自然な感じに見える数値ですが、車種や好みによって高さも変わるので、図の10㎜・9㎜部分は適宜変更してみてください。
ココを弄る事でウイングの角度も変更することができますよ。

ちなみにローマウントにする場合、自分はエバーグリーンさんの平棒(1.0×2.0㎜)を切り出して使用しています( ・ω・)


1/24GTウイング自作4


これを元にしてプラ板を切り出したものがコチラ。

2枚ずつ切り出してるのは、単にいつも使用しているプラ板が0.5㎜厚なので。
つまりそれぞれの部品が1㎜厚ということですね( ・ω・)

ちなみに㊦と書いてある方は、後方を1㎜程余分に切り出してあります。


1/24GTウイング自作5


ウイング部は真ん中あたりで曲げを付けます。

㊦を余分にしたのは、曲げで上下微妙にズレが生じる為。
2枚を貼り合わせた後に余った部分をカットしてます。


1/24GTウイング自作6


支柱の方は、このように一旦S字にカットして…


1/24GTウイング自作7


中の三角形部分を切り取って再接着。


1/24GTウイング自作8


更にウイングの方は、前側に少し切れ込みを入れます。


1/24GTウイング自作9


こうする事で、全体に抑揚を付けて3D感を出してみます。


1/24GTウイング自作10


そしてこの切れ込み部分をガイドとして、先ほど作った支柱をココに接着します。


1/24GTウイング自作11


後は0.5㎜厚のプラ板でお好みの翼端板を制作し、接着すれば完成です( `・ω・´)

2Dの場合は、直線的に切り出したプラ板をダウンフォースが得られるような形状にするために、後部をヤスリで削るなどした方が良いと思います。
実物も3Dに比べて抑揚に乏しいので、ただ単に切って貼っただけだと神社の鳥居みたいになっちゃいますからねww
それはそれで有難みがあるかもしれませんけど。

そうなると今回のも厳密にはエセ3Dなんですけど、あくまで雰囲気重視です( ´・ω・)

ドレスアップパーツの一つとして、こんなところに拘ってみるのもいかがでしょうか?
関連記事
テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

Comments

« »

11 2017
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
 

さんさんろく

Author:さんさんろく
変態ドリ車好きのへなちょこアマチュアカーモデラー。
インスピレーションのままに、好き勝手に作っております。


Flag Counter
Twitter
バカ話、やっております。
Google 翻訳
お問い合わせ
ご意見・ご要望など個別にお問い合わせの際は、下記メールフォームよりお気軽にご連絡ください(↓別タブで開きます)。